Zoom out
Zoom in
Vorherige Seite
1/310
Nächste Seite

󰗔
  
 
本社事務所
三鷹製作所
〒107-
8432
〒181-
8510
東京都港区赤坂2丁目17番22号
赤坂ツインタワー本館
 電話:03-3584-8711(総務)
 ファックス:03-3584-8715
東京都三鷹市下連雀5丁目1番1号
 電話:0422-45-9111(案内)
 ファックス:0422-45-9110
2002. 8. 初版
JRC

JMA-2343/2344
コード No. 7ZPRD0558
CODE No. 7ZPRD0558
 




For further information contact :
HEAD OFFICE &
SALES DEPT.
Akasaka Twin Tower (Main),
17-22, Akasaka 2-chome, Minato-ku,
Tokyo, 107-8432 JAPAN
Phone : +81-3-3584-8711
Fax : +81-3-3584-8715
Telex : 0242-5420 JRCTOK J
MAIN PLANT 1-1, Shimorenjaku 5-chome, Mitaka-shi,
Tokyo
181-8510 JAPAN
Phone : +81-422-45-9111
Fax : +81-422-45-9110
Telex : 02822-351 JRCMTK J
FIRST EDITION
AUG. 2002
JRC
1

Brauchen Sie Hilfe? Stellen Sie Ihre Frage.

Forenregeln

Inhalt der Seiten


  • Page 1

    JMA-2343/2344

    For further information contact :

    HEAD OFFICE &
    SALES DEPT.

    MAIN PLANT

    Akasaka Twin Tower (Main),
    17-22, Akasaka 2-chome, Minato-ku,
    Tokyo, 107-8432 JAPAN
    Phone : +81-3-3584-8711
    Fax
    : +81-3-3584-8715
    Telex : 0242-5420 JRCTOK J
    1-1, Shimorenjaku 5-chome, Mitaka-shi,
    Tokyo 181-8510 JAPAN
    Phone : +81-422-45-9111
    Fax
    : +81-422-45-9110
    Telex : 02822-351 JRCMTK J



  • Page 2



  • Page 3

    はじめに
    このたびは、JRC船舶レーダJMA-2343/JMA-2344をお買い上げいただきま
    して、まことにありがとうございます。
    本装置は、レーダ信号の送受信部、ブラウン管表示部および空中線等の主要部か
    らなる、船舶の安全航行を図るための船舶用レーダ装置です。

    ● お使いになる前に、この取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いくだ
    さい。
    ● 取扱説明書は必要なときに参照できるよう大切に保管してください。
    万一、ご使用中にわからないことや不具合が生じたときにお役立てください。

    PREFACE
    Thank you very much for purchasing the JRC marine radar equipment,
    JMA-2343 and JMA-2344.
    This equipment is a marine radar equipment designed to obtain safe
    operation of marine ships.

    The equipment consists of a radar signal

    transceiver unit, a CRT display unit and a scanner unit as its main units.
    ● Before operating the equipment, be sure to read this instruction manual
    carefully for correct operation.
    ● Maintain this instruction manual so that operators can refer to it at
    anytime.
    Refer to this manual when any inconvenience or defect occur.

    I



  • Page 4

    ●ご使用のまえに●
    ●ご使用のまえに●
    絵表示について
    この取扱説明書および製品への表示では、製品を安全に正しくお
    使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然
    に防止するために、いろいろな絵表示をしています。その表示と
    意味は次のようになっています。
    内容をよく理解してから本文をお読みください。

    警告

    この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が死亡または重

    注意

    この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が傷害を負う可

    傷を負う可能性が想定される内容を示しています。

    能性が想定される内容および物的損害のみの発生が想定される内
    容を示しています。

    絵表示の例
    △記号は注意(危険・警告を含む)を促す内容があることを告げる
    ものです。
    感電注意

    図の中に具体的な注意内容(左図の場合は感電注意)が描かれてい
    ます。
    記号は禁止の行為であることを告げるものです。
    図の中や近傍に具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描か

    分解禁止

    禁止

    れています。
    ●記号は行為を強制したり指示する内容を告げるものです。
    図の中に具体的な指示内容(左図の場合は電源プラグをコンセント

    プラグ
    を抜け

    指示

    から抜け)が描かれています。

    警告ラベルについて
    本製品の上カバーには警告ラベルが貼ってあります。
    警告ラベルを取り外したり、破損、改変を絶対にしないでください。

    II



  • Page 5

    ●Before Operation●

    Pictorial Indication
    Various pictorial indications are included in this manual and are shown
    on these equipment so that you can operate them safely and correctly
    and prevent any danger to you and / or to other persons and any damage
    to your property during operation. Such indications and their meanings
    are as follows.
    Please understand them before you read this manual:

    WARNING

    This indication is shown where any person is supposed to be in danger of

    CAUTION

    This indication is shown where any person is supposed to be injured or any

    being killed or seriously injured if this indication is neglected and these
    equipment are not operated correctly.

    property damage is supposed to occur if this indication is neglected and these
    equipment are not operated correctly.

    Examples of pictorial indication
    The△mark represents CAUTION (including DANGER and WARNING).
    Detailed contents of CAUTION ("Electric Shock" in the example on the
    Electric
    Shock

    left.) is shown in the mark.
    The

    mark represents prohibition.

    Detailed contents of the prohibited action ("Disassembling Prohibited" in
    Disassembling Prohibition
    Prohibited

    the example on the left) is shown in the mark.
    The ● mark represents instruction.
    Detailed contents of the instruction ("Disconnect the power plug" in the

    Disconnect the instruction
    power plug

    example on the left) is shown in the mark.

    Warning label
    There is a warning label on the top cover of the equipment.
    Do not try to remove, break or modify the label.

    III



  • Page 6

    ●ご使用上の注意●

    警告
    空中線、送受信機及び指示機の内部には触れないでください。
    高電圧部により感電の原因となります。機器内部の保守、点検、調整等は当社の営
    業部またはお近くの支社・支店・営業所または代理店にサービスを依頼してくださ
    い。
    当社の営業部・支社・支店・営業所
    巻末の「事業所一覧」をご覧ください。

    空中線輻射部は回転しますので、近づかないでください。
    急に空中線が回転し人体を殴打して、負傷する原因となります。
    空中線輻射部は人が近づけないよう操舵室の屋根、フライングブリンジ、架台、レ
    ーダーマスト等の高い場所に設置することをおすすめします。また、人の近づく恐
    れのある場合は空中線ガードを設置することをおすすめします。空中線の作業をす
    る場合は、空中線の安全スイッチを切ってください。

    空中線は人の頭より高い位置に設置してください。
    至近距離で直接電波を浴びると人体に影響を及ぼす原因となります。

    保守、点検で人がアンテナに接近する場合は指示機の準備/
    保守、点検で人がアンテナに接近する場合は指示機の準備/断スイッチを
    押し、指示機を準備状態にしてください。
    至近距離で直接電波を浴びると人体に影響を及ぼす原因となります。

    注意
    レーダはあくまでも航法援助装置としてご使用ください。
    また、操船の最終判断は必ず操船者自身で行ってください。
    操船の最終判断を、レーダが表示する情報のみに頼った場合、衝突、座礁等の事故の
    原因となることがあります。

    IV



  • Page 7

    ●Cautions to be used during operation●


    WARNING
    Do not touch the insides of the scanner unit, transceiver and display
    unit.
    Touching any high voltage area, you will get an electric shock.

    For

    maintenance, inspection and adjustment of internal parts of these equipment,
    consult with our sales office or distributor in your district.

    Since the scanner unit radiator rotates, do not approach it.
    The scanner unit may start rotating suddenly, and consequently any person may
    be struck and be injured.

    We recommend you to install the scanner unit

    radiator on the roof of the wheel house, flying bridge, trestle, radar mast or any
    other high position so that no person can approach it.

    When servicing the

    scanner unit, set the scanner unit safety button to the OFF position.

    Install the scanner unit at any place higher than any person.
    If being exposed directly to electric wave at close range, you may suffer adverse
    influence.

    When approaching the antenna for maintenance or inspection, set
    the power button of the display unit to the ST-BY position.
    If being exposed directly to electric wave at close range, you may suffer adverse
    influence.

    CAUTION
    Use these radar only as assisting devices for navigation.
    Also, the officer should make the final decision for maneuvering by
    himself.
    If you make the final decision of maneuvering only on the information which a
    radar display, it may become the cause of accidents, such as collision and
    stranding.

    V



  • Page 8

    ──ご使用前に注意して
    ご使用前に注意していただきたい
    ご使用前に注意していただきたいこと
    いただきたいこと──
    こと
    高電圧に対する注意
    無線装置、レーダなどの電子機器の内部には数百から数万ボルトの高電圧が使用されていま
    す。通常の操作においてはまったく危険はありませんが、万一、誤って機器内部に触れた場
    合非常な危険を伴います。(専門整備員以外の機器内部の保守・点検・調整は禁止)
    数万ボルトの高圧では感電即死の危険が大きく、また時により数百ボルトの電圧でも感電死
    することがあります。このような危険を防止するには機器の内部に手を入れるとき、必ず電
    源スイッチを切って、一端を確実に接地した電源でコンデンサーなどを放電させ、電気の残
    っていないことを確めた上で初めて手を内部に入れるようにしてください。この際、乾燥し
    た木綿の手袋などを用いればなおいっそう危険防止となります。また左手をポケットに入れ、
    両手を同時に用いないことも必要な注意の一つです。感電したときの障害は二次的に大きく
    なることがあるので足場もしっかりした所を選ぶことが大切です。感電したときは火傷した
    所を完全に消毒して、手当を速やかに行うことが必要です。

    電撃の救出上の注意
    電撃を受けた人を発見した場合、直ちに電源を切り回路を接地してください。回路が直ちに
    切れないときは、感電した人をできるだけ早く乾いた板、布などの絶縁物を介して直接感電
    した人に触れずに離してください。
    感電したとき、頭脳の呼吸中枢に電流が流れると呼吸が急に止まります。衝撃があまりひど
    くないときは人工呼吸を行うことにより呼吸を回復します。電撃を受けた人は非常に顔色が
    悪くなり、脈が大変弱くなってしまうか、まったく止まってしまうことがあり、人事不省に
    なり硬直します。

    VI



  • Page 9

    ──PRECAUTIONS BEFORE OPERATION──
    Cautions for high voltage
    High voltages from hundreds volts to tens of thousands volts are to be applied to the
    electronic equipment such radio and radar devices. You do not face any danger during
    normal operation, but sufficient cares are required for maintenance, inspection and
    adjustment of their internal components. (Authorized maintenance personnel alone are
    permitted to implement maintenance, check-ups or adjustment of internal components.)
    High voltages of tens of thousands volts are so dangerous as to bring an instantaneous
    death from electric shock, but even voltages of hundreds volts may sometimes lead to a
    death from electric shock. To prevent such an accident, make it a rule to turn off the
    power button, discharge capacitors with a wire surely earthed on an end and make sure
    that internal parts are no longer charged before you touch any parts inside these devices.
    At the time, wearing dry cotton gloves ensures you further to prevent such danger. It is
    also a necessary caution to put one of your hands in the pocket and not to use your both
    hands at the same time.
    It is also important to select a stable foothold always to prevent additional injuries once
    you were shocked by electricity. If you were injured from electric shock, disinfect the
    burn sufficiently and get it taken care of promptly.

    What to do in case of electric shock
    When finding a victim of electric shock, turn off the power source and earth the circuit
    immediately. If it is impossible to turn off the circuit, move the victim away promptly
    using insulators such as dry wood plate and cloth without touching the victim directly.
    In case of electric shock, breathing may stop suddenly if current flows to the respiration
    center in the brain. If the shock is not so strong, artificial respiration may recover
    breathing. When shocked by electricity, the victim will come to look very bad with weak
    pulse or without beating, resulting in unconsciousness and rigidity.

    VII



  • Page 10

    救急処置の方法
    ☆救急処置の留意点
    電撃を受けた人を危険のない限り動かさずに、直ちに人工呼吸を行わなければなりません。人工呼吸
    を始めたらリズムを失わないように続けて行う必要があります。
    (1) 事故の発生であわてて患者に触れないこと(救助者が感電します)。
    (2) あわてず確実に電源を切り患者を静かに電路より離す。
    (3) 周囲の人に知らせる(診療所、病院、医師、119番通報、その他)。
    (4) 患者を仰向けに寝かせネクタイ、衣類、バンドを緩める。
    (5)(イ)各脈拍に触れてみる。
    (ロ)心臓が動いているか否か心臓に耳を当てて確かめる。
    (ハ)呼吸しているか否か患者の顔へ手の甲または顔を近づけて確かめる。
    (ニ)瞳孔の大きさを調べる。
    (6) 患者の口を開け入歯、煙草、ガムなどを取出し、口を開けたまま舌を伸ばしタオルなどを挿入
    し舌が喉に引込まれないようにすること(歯をくいしばって口が開かない場合はドライバーな
    どで開口しタオルなどをかませる)。
    (7) 泡立つ粘液が貯まらないように口をふさぐこと。

    VIII



  • Page 11

    FIRST AID TREATMENTS
    ☆ First-aid treatments
    As far as the victim of electric shock is not in dangerous condition, do not move him and practice
    artificial respiration on him immediately. Once started, it should be continued rhythmically.
    (1) Do not touch the victim confusedly as a result of the accident, but the rescuer may also get
    an electric shock.
    (2) Turn off the power source calmly and certainly and move the victim away quietly from the
    electric line.
    (3) Call a physician or ambulance immediately or ask someone to call a doctor.
    (4) Lay the victim on his back and loosen his necktie, clothes, belt, etc.
    (5) a. Examine the victim's pulse.
    b. Examine his heartbeat bringing your ear close to his heart.
    c. Examine his breathing bringing the back of your hand or your face close
    d. Check the size of the pupils of his eyes
    (6) Open the victim's mouth and take out artificial teeth, cigarette or chewing gum if any.
    Keep his mouth open, stretch his tongue and insert a towel or the like in his mouth to
    prevent the tongue from suffocating. (If it is hard to open his mouth due to set teeth, open it
    with a screwdriver and insert a towel in this mouth.)
    (7) Then, close his mouth so that foaming mucus does not accumulate inside.

    IX



  • Page 12

    ☆脈拍があり呼吸していない場合の処置
    (1)患者の顔が後を見る位に顔をそり返らせる(頸部に枕を挿入してもよい)。
    (2)下顎を上方に引き上げ気道を広げる(気道拡大)。
    (3)患者の鼻をつまみ、術者は深く息を吸い患者の口を完全に塞ぐようにして強く呼気を吹き込む。
    再び口を離して息を大きく吸って吹き込む。
    1分間に約10回から15回くり返す(鼻腔を塞ぐこと)。
    (4)自然に呼吸の起きるのを注意しながら呼吸が戻ったときに止める。
    (5)開口困難な場合ゴム、ビニールなどのパイプ状のものを鼻腔に挿入して片方の鼻腔と口を完全に
    塞いで息を大きく吸って吹き込む。
    (6)患者は気が付くといきなり立つ事がありますが静かに寝かせ、熱いコーヒー、紅茶などを与え暖
    かくして安静を保つ(アルコール類は与えてはならない)。

    頭部をもたげて口うつし人工呼吸を行う方法


    (1) 後頭部をもたげ、片方を額に他の手を
    頸部の下にあてる。→ ①
    多くの患者はこの頭部のもたげにより
    口が開き空気が通じ、口うつしが容易
    になる。
    (2) 患者の口をあなたの口で広く封じ、あ



    なたの頬を患者の鼻に押しあてる。→

    または、あなたの指で患者の鼻を押さ
    えて空気の漏れを防ぐ。→ ③


    (3) 胸があがるまで口から空気を肺内に吹
    き込む。
    最初の10回の呼気吹き込みはできるだ
    け急速度で行わなければならない。

    図1 口うつし人工呼吸法

    X



  • Page 13

    ☆When pulse is beating but breathing has stopped
    (1)

    Tilt the victim's head back as far as this face looks back. (A pillow may be inserted under his
    neck.)

    (2)

    Push his jaw upward to open his throat wide (to spread his airway).

    (3)

    Pinch the victim's nostrils and take a deep breath, block his mouth completely with yours
    and blow into his mouth strongly. Take a deep breath again and blow into his mouth.
    Continue this 10 to 15 times a minute (blocking his nostrils).

    (4)

    Carefully watch that he has recovered his natural breathing and stop practicing artificial
    respiration.

    (5)

    If it is difficult to open the victim's mouth, insert a rubber or vinyl tube into one of his
    nostrils and blow into it blocking the other nostril and his mouth completely.

    (6)

    When the victim recovers consciousness, he may try to stand up suddenly, but let him lie
    calmly and serve him with a cup of hot coffee or tea to keep him warm and quiet. (Never give
    him alcoholic drinks.)

    Method of mouth-to-mouth respiration by raising head


    (1)

    Raise the victim's head. Support his
    forehead with one of your hand and his
    neck with the other hand. → ①
    When you tilt his head backward, the
    victim, in most cases, opens his mouth to
    the air. This makes mouth-to-mouth
    respiration easy.

    (2)



    Cover his mouth as widely as possible
    with yours and press your cheek against
    his nose → ② , or, pinch his nostrils
    with your fingers to prevent air from
    leaking. → ③

    (3)



    Blow into his lungs.
    Continue blowing into his mouth until his
    breast swells. Blow into his mouth as
    quickly as possible for the first 10 times.

    Fig.1 Mouth-to-mouth respiration

    XI



  • Page 14

    ☆脈拍なく呼吸もしていない場合の処置
    脈拍がなく、瞳孔が開き、心臓に耳を当てても鼓動が聞かれない場合は、心臓が停止しているの
    で速やかに人工呼吸を行う必要があります。
    (1)胸骨の下1/3の部位に両手を重ね肘を伸ばして(曲げているとくぼむほど押せません)、術者の体
    重をかけ約2cm位くぼむように圧迫する(1分間に約50回位くりかえす)。
    (心臓マッサージ法)
    (2)1人で救急処理を行う場合は、
    15回位心臓マッサージを行い速やかに2回呼気を吹き込む。これをくり返す。
    2人で救急処理を行う場合は、
    1人が5回心臓マッサージを行い、その間に他の1人が1回呼気を吹き込む。これをくり返す。
    (心臓マッサージ法と口うつし人工呼吸法の併用)
    (3)時々瞳孔を見たり、脈に触れてみる。瞳孔が正常となり脈も規則正しくなったら、各手当てを中
    止して様子を見ながらコーヒー、紅茶などを飲ませ暖かくし安静を保つ。いずれにしても、経過
    の判断は専門医に任せる。特に、精神的ショックより早く復帰させるように周囲の理解が必要で
    す。









    図2 心臓マッサージ法

    XII



  • Page 15

    ☆When both pulse and breathing have stopped
    When no pulse has come not to be felt, his pupils are open and no heartbeat is heard, cardiac
    arrest is supposed to have occurred and artificial respiration must be performed.
    (1)

    Place your both hands, one hand on the other, on the lower one third area of his breastbone
    and compress his breast with your elbows applying your weight on his breast so that it is
    dented about 2cm (repeat compressing his breast 50 times or so a minute).
    (Cardiac massage)

    (2)

    In case of one rescuer,
    Repeat cardiac massages about 15 times and blow into his mouth 2 times quickly, and repeat
    this combination.
    In case of two rescuers,
    One person repeats cardiac massages 5 times while the other person blows into his mouth
    once, and they shall repeat this combination.
    (Cardiac massage and mouth-to-mouth respiration)

    (3)

    Examine his pupils and his pulse sometimes. When the both have returned to normal, stop
    the artificial respiration, serve him with a cup of coffee or tea and keep him warm and calm
    while watching him carefully. Commit the victim to a medial specialist depending on his
    condition. To let him recover from the mental shock, it is necessary for persons concerned to
    understand his situations and the necessary treatments.









    Fig.2 Cardiac massage

    XIII



  • Page 16

    機 器 外 観
    EQUIPMENT APPEARANCE

    NKE-249形 空中線
    Scanner unit Type NKE-249

    NKE-250形 空中線
    Scanner unit Type NKE-250

    NCD-4170形 指示機
    Display Unit Type NCD-4170
    XIV



  • Page 17

    JMA- 2343
    2344
    取扱説明書
    [日本語版]



  • Page 18





    はじめに ······························································································································I
    ご使用のまえに·····················································································································II
    ご使用上の注意··················································································································· IV
    ご使用前に注意していただきたいこと ·············································································· VI
    高電圧に対する注意········································································································ VI
    電撃の救出上の注意········································································································ VI
    救急処置の方法················································································································· VIII
    ☆救急処置の留意点······································································································ VIII
    ☆脈拍があり呼吸していない場合の処置········································································ X
    ☆脈拍なく呼吸もしていない場合の処置······································································ XII
    機器外観 ·························································································································XIV
    用語説明 ·························································································································· 10

    第1章

    装置のあらまし ······························································· 12

    1.1 機能 ··················································································································································12
    1.2 特長 ··················································································································································12
    1.3 構成 ··················································································································································12
    1.4 構造 ··················································································································································14
    1.5 総合系統図·······································································································································17

    第2章 操作パネル各部の名称と働きおよびメニュー構成 ········ 19
    2.1 前面パネルスイッチの機能 ············································································································19
    2.1.1

    前面パネルスイッチの機能·····································································································19

    2.1.2

    ソフトキースイッチの構成と機能 ·························································································20

    2.1.3

    クロスキーの機能····················································································································21

    2.2 画面表示の説明 ·······························································································································23
    2.3 メニュー内の機能説明····················································································································25
    2.3.1

    メニューの構成 ·······················································································································25

    2.3.2

    メニュー内の機能····················································································································27

    第3章 操作方法··········································································· 31
    3.1 操作の流れ·······································································································································31
    ソフトキーの操作 ·····························································································································32
    3.1.1

    電源の投入と起動····················································································································33

    1. 電源を入れる································································································································33
    2. 送信する········································································································································33

    2



  • Page 19

    3.1.2

    同調の操作·······························································································································33

    3.1.3

    観測と映像の調整····················································································································34

    3.1.4

    データの取得と測定················································································································34

    3.1.5

    操作の終了と停止····················································································································34

    1. 送信を中断する ····························································································································34
    2. 電源を切る····································································································································34
    3.2 観測準備···········································································································································35
    3.2.1

    画面輝度を変えるには············································································································35

    3.2.2

    操作パネルの照明輝度を変えるには ·····················································································35

    3.2.3

    表示言語を切り替えるには·····································································································35

    3.2.4

    ブザー音量設定 ·······················································································································35

    3.3 基本操作···········································································································································36
    3.3.1

    送信するには ···························································································································36

    3.3.2

    送信を中断するには················································································································36

    3.3.3

    レンジ(距離範囲)を変更するには ·····················································································36

    3.3.4

    固定距離目盛を消去・表示するには ·····················································································36

    3.3.5

    船首輝線を消去するには ········································································································37

    3.3.6

    同調調節をするには················································································································38

    3.3.7

    感度調節をするには················································································································38

    3.3.8

    レーダ干渉を除去するには·····································································································39

    3.3.9

    雨や雪が降っているときには·································································································40

    3.3.10 波が荒いときには····················································································································41
    3.3.11 物標までの距離を測るには·····································································································42
    1.VRMを使用する ··························································································································42
    #1VRMを用いて自船からの距離を測定する ············································································42
    #2VRMを使用可能とするか否かを設定する ············································································42
    #1VRM/#2VRMの操作·············································································································42
    #1VRM/#2VRMの消去·············································································································43
    2.VRMの中心を移動して使用する································································································43
    3.平行線カーソルの間隔を変更する·····························································································43
    4.十字カーソルを使用する ············································································································43
    3.3.12 距離の単位を変えるには ········································································································44
    3.3.13 物標の方位を測るには············································································································44
    1.EBLを使用する····························································································································45
    #1EBLを用いて自船を始点とした方位を測定する ··································································45
    #2EBLを使用可能とするか否かを設定する··············································································45
    #1EBL/#2EBLの操作················································································································45
    #1EBL/#2EBLの消去················································································································46
    2.EBLの中心を移動して使用する ·································································································46
    3.平行線カーソルの方位を変更する·····························································································46
    3



  • Page 20

    4.十字カーソルを使用する ············································································································46
    3.3.14 EBLとVRMを移動して使用するには·····················································································47
    #1EBLおよび#1VRMを移動可能に設定する ··················································································47
    始点・中心位置の設定······················································································································47
    EBL、VRMの操作·····························································································································47
    始点・中心位置の解除······················································································································47
    3.3.15 平行線カーソルを使用するには·····························································································48
    #1EBL、#1VRMを平行線カーソル機能に設定する·······································································48
    平行線カーソルを操作する ··············································································································48
    平行線カーソルを解除する ··············································································································48
    3.3.16 EBLおよびカーソルの方位表示を「相対」と「真」および「磁気」とで
    切り替えるには ························································································································48
    方位基準(磁気方位、ジャイロコンパス方位)の選択·································································50
    方位基準の選択 ·································································································································50
    3.3.17 PPI画面の方位表示方法を変えるには···················································································50
    コースアップモードにおけるコースの設定····················································································52
    3.3.18 物標の方位・距離、物標までの所要時間を同時に測るには ···············································52
    カーソルの表示 ·································································································································53
    カーソルの移動 ·································································································································53
    カーソルの消去 ·································································································································53
    3.3.19 カーソルのL/L表示をするには ·························································································54
    3.3.20 PPI画面のエコーの映像を大きく表示するには····································································54
    1.映像拡大機能を使用する ············································································································54
    2.送信パルス幅を変更する ············································································································55
    3.ズーム機能を使用する················································································································56
    ズーム位置の設定························································································································56
    ズームの解除·······························································································································57
    3.3.21 不要なノイズを減少させ、物標を強調するには ··································································57
    映像処理を設定する··························································································································57
    映像処理を解除する··························································································································58
    3.3.22 PPI画面中心位置を移動するには···························································································58
    中心移動の位置設定··························································································································58
    中心移動の解除 ·································································································································59
    3.3.23 レーダの消費電力を抑えるには·····························································································59
    送信時間の設定 ·································································································································59
    準備時間の設定 ·································································································································59
    断続送信の開始 ·································································································································59
    断続送信の解除 ·································································································································60
    準備中に断続送信を解除する···········································································································60
    3.3.24 自船が航行中にレーダPPI画面上の固定物標を固定したいとき ·········································61
    4



  • Page 21

    真運動表示の開始 ·····························································································································61
    真運動表示の解除 ·····························································································································62
    3.3.25 他船(物標)の動きを監視するとき ·····················································································64
    1.レーダ航跡表示をする················································································································64
    レーダ航跡表示の開始················································································································64
    レーダ航跡表示の終了················································································································64
    2.見張りアラームを使用する ········································································································64
    ガードゾーンの設定····················································································································64
    アラームモードの変更················································································································66
    ガードゾーンの終了····················································································································66
    ガードゾーンの呼び出し ············································································································66
    アラーム感度の変更····················································································································66
    3.4 その他便利な機能····························································································································67
    3.4.1

    自船速力を指示機に表示するには ·························································································67

    3.4.2

    船首方位を指示機に表示するには ·························································································67

    3.4.3

    自船の位置情報(緯度/経度、ロランC時間差)や目的地の位置情報 (緯度/経度)
    を表示するには ························································································································68
    位置情報の表示 ···························································································································68
    位置情報の消去 ···························································································································68

    3.4.4

    目的地を表示するには············································································································69
    目的地の表示·······························································································································69
    目的地の消去·······························································································································69

    3.5 知っておきたいこと························································································································70
    3.5.1

    電池(BT1)の交換 ················································································································70

    3.5.2

    使用中に不可解な現象が起きたとき ·····················································································71

    3.6 外部航法装置について····················································································································72
    3.6.1

    方位情報を得るには················································································································72

    3.6.2

    速力情報を得るには················································································································72

    3.6.3

    位置情報を得るには················································································································72

    3.6.4

    目的値までの距離情報を得るには ·························································································73

    第4章 画面の見方 ······································································· 74
    4.1 物標の高さと物標までの距離·········································································································74
    4.2 物標からの反射 ·······························································································································75
    4.3 電波の伝搬路の状況························································································································75
    4.3.1

    海面反射···································································································································76

    4.3.2



    像···································································································································76

    4.4 レーダトランスポンダ(SART)の画面表示 ···············································································78

    5



  • Page 22

    第5章 保守・点検 ······································································· 79
    5.1 一般的保守·······································································································································79
    5.2 空中線···············································································································································80
    5.3 指示機···············································································································································80
    5.4 特殊部品···········································································································································81
    5.5 修理ブロック ···································································································································81
    5.6 異常・故障への対処方法 ················································································································83

    第6章 アフターサービス···························································· 85
    第7章 廃棄について ··································································· 87
    7.1 本装置の廃棄について····················································································································87
    7.2 使用済み電池の処理について·········································································································87
    7.3 使用済みマグネトロンの処置について··························································································87

    第8章 仕様 ·················································································· 88
    8.1 総合仕様···········································································································································88
    8.2 空中線(NKE-249/250) ·············································································································89
    8.3 指示機(NCD-4170)·····················································································································91
    8.4 整流器(NBA-797)·····················································································································94
    8.5 機器間ケーブル長····························································································································94

    第9章 設置要領··········································································· 95
    9.1 概要 ··················································································································································95
    9.2 空中線の設置 ···································································································································96
    9.2.1

    設置位置の選定 ·······················································································································96

    9.2.2

    設置方法···································································································································96

    9.2.3

    装備ケーブルの接続················································································································99

    9.3 指示機の設置 ·································································································································102
    9.3.1

    設置位置の選定 ·····················································································································102

    9.3.2

    設置方法·································································································································102

    9.3.3

    電源ケーブルの接続··············································································································102

    9.3.4

    指示機背面図 ·························································································································103

    9.3.5

    外部ブザーの接続··················································································································104

    9.3.6

    電子磁気コンパスの接続方法·······························································································106

    9.4 船内電源に対する変更··················································································································107
    1. 指示機 ·······································································································································107
    2. 空中線 ·······································································································································107
    9.5 装備ケーブル ·································································································································108
    6



  • Page 23

    9.5.1

    機器間ケーブル(CFQ6774-10/15/20、CFQ6882-10/15/20)·········································108

    9.5.2

    電源ケーブル(CFQ-6776)································································································109

    9.5.3

    長い電源ケーブルが必要なときのケーブル選定 ································································109

    9.6 設置後の点検調整··························································································································110
    9.6.1

    設置の点検·····························································································································110

    9.6.2

    動作の点検·····························································································································110

    9.6.3

    各種調整·································································································································110

    9.6.4

    整流器·····································································································································111

    9.7 調

    整·········································································································································112

    9.7.1

    一般調整·································································································································112

    1. 部品交換の調整 ························································································································112
    2. CRTモニタ画面の中心位置の調整··························································································112
    3. CRTモニタ画面の輝度の調整 ·································································································112
    4. CRTモニタ画面の焦点の調整 ·································································································112
    9.7.2

    空中線の調整 ·························································································································113

    1. 変調部のAVR出力電圧調整·····································································································113
    2. 受信部の同調指示レベルの調整······························································································113
    9.7.3

    指示機の調整 ·························································································································113

    1. コントラストの調整·················································································································113
    2. 焦点の調整································································································································113
    3. 画面位置角度調整·····················································································································114
    4. CRTディスプレイ調整·············································································································114
    5. AVR出力電圧調整 ····················································································································114
    9.8 初期設定について··························································································································115
    9.8.1

    受信機の調整 ·························································································································116

    1. 同調プリセット ························································································································116
    2. 中心周波数調整 ························································································································117
    3. 同調インジケータレベル調整··································································································117
    9.8.2

    ノイズレベル調整··················································································································118

    9.8.3

    方位調整·································································································································118

    9.8.4

    0マイル調整(距離の初期設定)·························································································119

    9.8.5

    アンテナ高の設定··················································································································120

    9.8.6

    感度プリセット ·····················································································································121

    9.8.7

    海面反射プリセット··············································································································121

    9.8.8

    メインバングの抑圧··············································································································122

    9.8.9

    シミュレータ映像表示··········································································································123

    9.8.10 TD受信番号の設定 ················································································································124
    9.8.11 GPS/DGPS ·························································································································124
    1. GPS初期設定····························································································································124
    2. DGPS初期設定·························································································································125
    7



  • Page 24

    3. GPSおよびDGPSの受信状態··································································································126
    9.9 初期調整状態に戻すには ··············································································································129
    9.10 保

    守·········································································································································130

    9.10.1 一般的保守·····························································································································130
    1. 機器の清掃································································································································130
    2. ネジの締め付け点検·················································································································130
    3. 結線の点検································································································································130
    9.10.2 空中線·····································································································································131
    1. 輻射部 ·······································································································································131
    2. 回転駆動部(JMA-2344)·······································································································132
    9.10.3 指示機·····································································································································133
    表示面の清掃···································································································································133

    8



  • Page 25





    【図 101

    JMA-2343機器間接続図】

    【図 102

    JMA-2344機器間接続図】

    【図 103

    JMA-2343一次電源系統図】

    【図 104

    JMA-2344一次電源系統図】

    【図 105

    NKE-249空中線機内接続図】

    【図 106

    NKE-250空中線機内接続図】

    【図 107

    CME-307変調部接続図】

    【図 108-1 CAE-457受信部接続図(1/2)】
    【図 108-2 CAE-457受信部接続図(2/2)】
    【図 109

    CME-308変調部接続図】

    【図 110-1 CAE-457-1受信部接続図(1/2)】
    【図 110-2 CAE-457-1受信部接続図(2/2)】
    【図 111

    NCD-4170指示機機内接続図】

    【図 112-1 CMC-1156主制御回路接続図(1/4)】
    【図 112-2 CMC-1156主制御回路接続図(2/4)】
    【図 112-3 CMC-1156主制御回路接続図(3/4)】
    【図 112-4 CMC-1156主制御回路接続図(4/4)】
    【図 113

    CCK-872ソフトキーパネル回路接続図】

    【図 114

    CCK-873主操作パネル回路接続図】

    【図 115

    CBD-1596電源回路接続図】

    【図 116

    CRTモニタ部接続図】

    【図 117

    空中線回路ブロック図】

    【図 118

    指示機回路ブロック図】

    9



  • Page 26

    用語説明
    用語説明
    A/D

    アナログ・ディジタル変換[Analog to Digital conversion]

    ACQ

    捕捉[Acquisition]

    A-SEA

    自動海面反射抑制制御[Automatic Sea surface clutter suppression]

    A-RAIN

    自動雨雪反射抑制制御[Automatic Rain and snow clutter suppression]

    A-TUNE

    自動同調[Automatic Tuning]

    CPU

    中央演算処理装置[Central Processing Unit]

    CRT

    ブラウン管[Cathode-ray Tube]

    CUP

    自船の予定進路が真上になるPPI表示モード[Course-Up]

    EBL

    電子カーソル[Electronic Bearing Line]

    EXP

    物標拡大[Expansion]

    FTC

    雨雪反射抑制制御[Fast Time Constant, also known as Rain and snow clutter
    suppression]

    GUARD ZONE

    侵入警報環

    GPS

    世界測位衛星システム[Global Positioning System]

    HUP

    船首輝線が真上になるPPI表示モード[Head-Up]

    IR

    干渉除去[Interference Rejection]

    L/L

    緯度/経度[Latitude/Longitude]

    MARPA

    簡易衝突予防装置[Mini Automatic Radar Plotting Aid]

    MH

    変調高電圧[Modulator High Voltage]

    MOB

    位置記憶[Man Over Board]

    NM

    海里[Nautical Mile]

    NUP

    真北が真上になるPPI表示モード[North-Up]

    PCB

    プリント回路基板[Printed Circuit Board]

    PPI

    方位・距離極座標表示[Plan Position Indicator]

    PROCESS

    映像処理[Process]

    PW

    パルス幅[Pulse Width]

    RR

    距離目盛(固定)[Range Rings (Fixed)]

    RM

    相対運動表示[Relative Motion]

    SHM

    船首線[Ship’s Heading Marker]

    STBY

    準備[Standby]

    STC

    海面反射抑制制御[Sensitivity time control, also known as Sea surface clutter
    suppression]

    TD

    時間差[Time Difference]

    TM

    真運動表示[True Motion]

    TI

    トリガ[Trigger]
    10



  • Page 27

    VCT

    ベクトル[Vector]

    VD

    ビデオ[Video]

    VRM

    可変距離目盛[Variable Range Marker]

    WAKES

    他船の航跡表示[Wakes]

    WPT

    目的地[Waypoint]

    X-MIT

    送信[Transmit]

    11



  • Page 28

    第1章
    1.1

    装置のあらまし

    機能

    本装置は送受信部を含む空中線と 10 インチモノクロブラウン管を使用した、小型ラスタース
    キャン方式による全半導体化(特殊電子管を除く)の船舶用レーダです。
    本装置は電波法の規定によるレーダです。

    1.2

    特長

    レーダ基本性能の向上
    レンジスケールに応じた 4 段階のパルス幅/繰返周波数切り替えと、3 段階の受信機帯域幅切
    り替えによりレーダの基本性能向上を計り、鮮明で高品質な映像表示を実現しています。さら
    に、最新のディジタル信号処理の搭載により、悪天候での物標検出性能を向上しています。
    自船位置と目的地を一目で把握
    GPS 等の航法装置と接続することにより、自船の位置(数値)や目的地マークを画面上に表
    示でき、これにより目的地の方位と自船針路の差が一目瞭然に把握できます。
    高い操作性
    使用頻度の高い EBL および VRM などは専用スイッチを搭載しています。その他、4 個のソ
    フトキースイッチを搭載し、比較的使用することの多い機能も簡単に操作することができます。
    さらに、使用頻度が低い機能についてはメニューによる選択方式を採用しています。

    1.3

    構成

    レーダの構成と船内電源
    総合型名
    JMA-2343
    JMA-2344

    空中線
    NKE-249
    NKE-250

    整流器型名(オプション)

    指示機
    NCD-4170

    船内電源
    DC (12V/24V/32V)
    または
    AC(注)(100V/110V/115V/
    200V/220V/230V)
    50/60Hz 単相

    NBA-797

    (注)AC電源使用の場合は、オプションの整流器が必要です。

    12



  • Page 29

    各機器銘板の名称は次のように英文で表示されています。
    空中線 : SCANNER UNIT
    指示機 : DISPLAY UNIT
    整流器 : RECTIFIER UNIT
    付属品
    品名
    取扱説明書
    空中線-指示機間ケーブル

    個数
    1

    1

    7ZPRD0558
    CFQ6774-15
    (JMA-2343)
    CFQ6882-20
    (JMA-2344)
    CFQ-6776

    1

    5JCDX00014

    1

    5JCDX00015

    1

    MTV303344

    1

    電源ケーブル

    サンシールド

    JRC コード

    備考
    本書
    10 芯複合ケーブル
    15m
    14 芯複合ケーブル
    20m
    2m



    予備品(7ZXRD0008)
    品名(形名)
    ヒューズ(SB3.15)
    ヒューズ(SB6.3)
    ヒューズ(SB5)
    ヒューズ(SB10)

    個数
    2
    3
    2
    3

    JRC コード
    5ZFAD00382
    5ZFAD00540
    5ZFAD00364
    5ZFAD00539

    備考
    (24/32V 用)3.15A
    (12V 用)6.3A
    (24/32V 用)5A
    (12V 用)10A

    オプション
    品名

    個数

    空中線-指示機間ケーブル

    1

    JRC コード
    CFQ6774-10
    (JMA-2343)
    CFQ6774-20
    (JMA-2343)
    CFQ6882-10
    (JMA-2344)
    CFQ6882-15
    (JMA-2344)

    13

    備考
    10 芯複合ケーブル
    10m
    10 芯複合ケーブル
    20m
    14 芯複合ケーブル
    10m
    14 芯複合ケーブル
    15m



  • Page 30

    1.4

    構造

    第 1.1 図 NKE-249 空中線外形図
    14



  • Page 31

    第 1.2 図 NKE-250 空中線外形図
    15



  • Page 32

    第 1.3 図 NCD-4170 指示機外形図
    16



  • Page 33

    1.5

    総合系統図
    SCANNER UNIT NKE-249
    空中線 NKE-249

    10-CORES COMPOSITE CABLE
    10 芯シールド付複合ケーブル
    JRC SUPPLY:CFQ6774-15 12.0φ(max)
    CFQ6774-15 最大 12.0φ(JRC 支給)

    DISPLAY UNIT NCD-4170
    指示機 NCD-4170

    GPS
    COMPASS
    NMEA
    REMOTE MONITOR
    CFQ-6776(2m) 8.0φ(max) (JRC SUPPLY)
    CFQ-6776(2m) 最大 8.0φ (JRC 支給)

    SHIP'S MAIN(船内電源)
    DC 10.8~42V

    NOTES:
    ELIMINATING THE INTERFERENCE ON FREQUENCIES USED FOR MARINE COMMUNICATIONS
    AND NAVIGATION DUE TO OPERATION OF THE RADAR.
    ALL CABLES OF THE RADAR ARE TO BE RUN AWAY FROM THE CABLES OF RADIO EQUIPMENT.
    (EX. RADIOTELEPHONE.COMMUNICAITONS RECEIVER AND DIRRECTION FINDER.ETC.)
    ESPECIALLY INTER-WIRING CABLES BETWEEN SCANNER UNIT AND DISPLAY UNIT OF THE
    RADAR SHOULD NOT BE RUN PARALLEL WITH THE CABLES OF RADIO EQUIPMENT.
    ご注意
    レーダの動作が他の無線装置に、雑音妨害を与えることを防止するために、レーダケーブル、
    特に空中線ケーブルを他の無線装置のケーブルと平行に設置しないでください。
    第 1.4 図 JMA-2343 総合系統図
    17



  • Page 34

    SCANNER UNIT NKE-250
    空中線 NKE-250

    14-CORES COMPOSITE CABLE
    14 芯シールド付複合ケーブル
    JRC SUPPLY:CFQ6882-20 12.0φ(max)
    CFQ6882-20 最大 12.0φ(JRC 支給)

    DISPLAY UNIT NCD-4170
    指示機 NCD-4170

    GPS
    COMPASS
    NMEA
    REMOTE MONITOR
    CFQ-6776(2m) 8.0φ(max) (JRC SUPPLY)
    CFQ-6776(2m) 最大 8.0φ (JRC 支給)

    SHIP'S MAIN(船内電源)
    DC 10.8~42V

    NOTES:
    ELIMINATING THE INTERFERENCE ON FREQUENCIES USED FOR MARINE COMMUNICATIONS
    AND NAVIGATION DUE TO OPERATION OF THE RADAR.
    ALL CABLES OF THE RADAR ARE TO BE RUN AWAY FROM THE CABLES OF RADIO EQUIPMENT.
    (EX. RADIOTELEPHONE.COMMUNICAITONS RECEIVER AND DIRRECTION FINDER.ETC.)
    ESPECIALLY INTER-WIRING CABLES BETWEEN SCANNER UNIT AND DISPLAY UNIT OF THE
    RADAR SHOULD NOT BE RUN PARALLEL WITH THE CABLES OF RADIO EQUIPMENT.
    ご注意
    レーダの動作が他の無線装置に、雑音妨害を与えることを防止するために、レーダケーブル、
    特に空中線ケーブルを他の無線装置のケーブルと平行に設置しないでください。

    第 1.5 図 JMA-2344 総合系統図
    18



  • Page 35

    第2章

    操作パネル各部の名称と働きおよび
    メニュー構成

    2.1

    前面パネルスイッチの機能

    本レーダ装置の通常操作は、指示機の前面パネルで行えるようになっています。さらに、メニュ
    ーから設定できる機能を使用することにより、本レーダの持つ機能をフルに利用することができ
    ます。
    操作は簡単ですが、ブラウン管上に必要とする情報を出すためには、各操作箇所の機能を十分
    理解することが大切です。

    2.1.1

    前面パネルスイッチの機能
    メニュー画面を開く

    各種設定
    クロスキー
    同調調節
    距離範囲
    EBL

    感度調節

    VRM
    輝度/
    船首輝線消去

    海面反射抑制
    雨雪反射抑制

    送信/断
    準備/断
    ソフトキー1 スイッチ

    ソフトキー4 スイッチ

    ソフトキー2 スイッチ
    ソフトキー3 スイッチ
    19



  • Page 36

    2.1.2

    ソフトキースイッチの構成と機能

    本レーダには簡単に操作ができるように、前面パネルに 4 個のソフトキースイッチを搭載して
    います。画面最下部には各ソフトキーに対応する選択項目が表示され、対応するキーを押すこと
    で機能を実行することができます。
    ソフトキーメニューは次のように構成されています。
    キー1
    表示

    キー1: 映像拡大



    映像拡大

    キー2: 中心移動



    中心移動 接

    キー3:固定距離環





    固定距離環



    キー4: カーソル



    カーソル 接

    キー1: 自動処理



    自動海面

    キー2: 干渉除去



    キー2
    処理

    キー3:

    手動同調

    キー4: 航跡表示





    干渉除去1

    自動雨雪



    干渉除去2

    自動同調
    航跡15秒

    航跡30秒

    航跡 1 分

    航跡3分

    航跡30分

    航跡連続

    航跡15分

    航跡6分

    キー3
    見張りアラーム

    キー1:

    領域作成

    キー2: アラーム
    キー3:



    アラーム 接

    感度1

    キー4: 侵入アラーム

    感度2

    感度3

    感度4

    感度7

    感度6

    感度5

    離脱アラーム

    20



  • Page 37

    2.1.3

    クロスキーの機能

    クロスキーは、十字カーソルの移動、EBL の回転、VRM の大きさの変更、メニュー内の項目
    選択等の際に使用します。クロスキーを押すことにより、その方向にカーソルの移動、EBL の
    回転等ができます。
    クロスキーは下記の機能を動作させる場合に使用します。
    専用キー操作
    VRM 、 EBL 、 MENU
    ソフトキー操作
    中心移動 接 、 カーソル

    接 、 見張りアラーム-領域設定

    メニュー操作
    MENU-機能-ズーム 接

    クロスキーを押す。
    EBL は

    で反時計回りに、

    で時計回りに回転

    します。
    VRM は

    で距離が大きくなり、

    で距離が小さ

    くなります。



    12


    クロスキーの現在のモードは、画面の
    右下に表示されます。

    21



  • Page 38

    用途

    モード名

    画面右下に現れる文字

    EBL 設定

    EBL モード



    VRM 設定

    VRM モード



    移動 EBL・VRM 設定

    移動 EBL・VRM モード



    平行線設定

    平行線モード



    カーソル設定

    カーソルモード



    中心移動設定

    中心移動モード



    ズーム設定

    ズームモード



    見張りアラーム設定

    見張りアラームモード



    メニュー設定

    MENU モード



    22



  • Page 39

    2.2

    画面表示の説明

    PPI 画面の方位表示方法
    EBL 方位表示方法
    EBL 選択番号

    運動表示

    EBL1R

    #1EBL の方位表示

    1045°

    #2 EBL の方位表示

    2315°
    映像拡大
    IR


    映像拡大機能作動
    干渉除去機能作動
    映像処理機能動作

    方位基準

    船首方位データ採用端子
    VRM 選択番号

    船首方位

    RM H-UP T006°M

    VRM1 NM
    11.75
    22.25
    アラーム
    入4 4

    #1VRM の距離表示
    #2VRM の距離表示
    見張りアラーム作動
    アラーム感度
    アラームモード

    目的地表示
    物標によるエコー

    ズーム中心位置
    #2 EBL

    ガードゾーン
    #1EBL

    固定距離目盛

    #1 VRM
    #2VRM

    方位目盛

    画面輝度レベル

    ズーム機能作動
    X2

    AS(自動海面反射抑制)
    AR(自動雨雪反射抑制)
    距離範囲
    固定距離目盛間隔
    同調インジケータ
    (インジケータ右横に’A’が表示
    されている場合は、自動同調機
    能作動)



    AS

    12

    表示

    A

    目的地
    自船
    方位 340° N 35°15.01
    距離 09.3 E139°47.05
    00:54
    速力
    10.2
    見張りアラーム
    処理

    ソフトキー項目
    (階層最上位)

    23

    BRIL キーが押された場
    合、一時的に表示
    (レベル 6)

    クロスキーモード
    (EBL モード)

    PPI 映像の中心
    (ズ ーム 機 能が 作 動して
    いるので、中心が移動し
    ている状態)



  • Page 40

    クロスキーモード
    (カーソルモード)
    X2


    12

    A

    カーソル
    目的地
    自船
    方位 340° N 35°15.01 346°
    距離 09.3 E139°47.05 4.96
    00:54
    速力
    10.2 0:29

    カーソル機能作動
    カーソル位置の方位
    自船位置からカーソルまでの距離
    カーソル位置までの所要時間

    自船速力

    目的地の方位
    目的地までの所要時間

    目的地の距離
    位置(L/L)データ表示

    目的地データ表示

    (自船位置表示モード)
    自船、カーソルまたは目的地
    位置表示をメニューから選択

    24



  • Page 41

    2.3

    メニュー内の機能説明

    本レーダ装置には、前面パネルスイッチ(ソフトキー含む)を使用して操作する機能のほかに、
    メニュー上から操作する機能があります。以下、メニューの構成、機能、設定方法を説明します。

    2.3.1

    メニューの構成

    本レーダ装置では、画面の表示を和文・英文およびその他の言語(中国語、フランス語、スペ
    イン語、イタリア語、ノルウェー語、ドイツ語、韓国語)に切り替えることができます。
    ● 表示言語の切り替えについては、
    「3.2.3

    表示言語を切り替えるには」を参照してください。

    表示設定

    機能設定

    EBL1/VRM1

    メニュー
    MENU

    位置表示

    始点移動

    固定

    平行線/半周
    EBL2

    使用しない

    使用する

    VRM2

    使用しない

    使用する

    EBLの読み

    相対

    ズーム表示

    しない

    設定

    RM

    方位表示

    H-UP

    映像処理

    しない

    TM
    N-UP
    処理1

    C-UP

    メニュー
    セットアップ1
    機能設定

    次頁

    ブザー音量

    0 1 2 3 4 5 6 7

    画面表示設定

    次頁

    パネル照明

    0 1 2 3 4 5 6 7

    送信パルス幅
    次頁

    (1.5NM)

    0.08 0.25 μs

    セットアップ2

    次頁

    (3NM)

    0.25 0.5 μs

    (6NM)

    0.5 1.0 μs

    方位基準

    クロスキーの

    ジャイロ方位 磁気方位

    で項目を選択し、
    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    を押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    セットアップ2

    表示言語

    ENGLISH

    日本語

    中文

    FRANCAIS

    ESPANYOL ITALIANO
    NORSK
    DEUTSCH

    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    25

    目的地表示

    しない

    距離単位

    NM

    断続送信

    しない

    する
    KY

    KM

    する

    送信時間

    10 20 30 回転

    準備時間

    3 5 10 15 分

    処理2

    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    セットアップ1

    TD

    目的地のL/L



    TM/RM

    しない L/L
    カーソルのL/L

    平行線/全周

    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。



  • Page 42

    装備時の設定メニュー
    メニュー
    MENU

    入力


    ENTER

    同時に押す。
    GPS

    自船位置



    35°00.00’



    135°00.00’

    アンテナ高

    15

    測地系

    装備時の設定1
    ON

    モータ
    受信機調整
    方位調整
    0マイル調整
    メインバング抑圧レベル
    メインバング抑圧範囲
    感度プリセット
    コンパレータプリセット
    海面反射プリセット
    アンテナ高設定
    GPS設定
    装備時の設定2

    次項
    1024
    128
    128
    128
    128
    128
    128

    OFF

    同調プリセット

    128

    中心周波数調整

    50

    同調インジケータレベル

    50

    43

    測位モード

    2次元

    DOPレベル

    5以下 10以下
    20以下

    3次元

    位置平均化

    長い

    使用禁止衛星

    00 01 02 03 04 05

    通常

    自動

    なし

    設定値送信
    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    5m以下
    次項
    次項

    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    GPS設定

    DGPS

    モード

    手動 自動

    GPS

    次項

    DGPS

    次項

    周波数

    200.0kHz

    受信状態

    次項

    ボーレート

    50 100 200

    設定値送信

    クロスキーの

    で項目を選択し、

    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    を押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    受信状態
    GPS
    衛星番号
    方位角
    仰角
    信号強度
    衛星番号
    方位角
    仰角
    信号強度
    衛星番号
    方位角
    仰角
    信号強度
    バージョン:
    DOP:
    高度:
    RSSI[ビーコン]:
    日付/時刻:21 1月 2002
    (世界基準)
    11:14

    装備時の設定2

    TD受信番号の設定



    シミュレータ映像表示

    しない


    する

    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    26



  • Page 43

    2.3.2

    メニュー内の機能

    「*
    *」印がついた機能を使用するには、外部航法機器との接続が必要です。
    機能設定
    EBL1 および VRM1 の動作機能
    を選択する。
    EBL2 の使用を選択する。
    VRM2 の使用を選択する。

    機能設定

    EBL の方位数値の読みを選択
    する。

    EBL1/VRM1

    固定

    始点移動

    平行線/半周

    PPI 映像の任意の箇所を 2 倍に
    拡大表示する。
    *「相対」または「真」運動表
    示を選択する。

    使用しない

    使用する

    VRM2

    使用しない

    使用する

    EBLの読み

    相対



    ズーム表示

    しない

    TM/RM

    RM

    方位表示

    H-UP

    映像処理

    しない

    クロスキーの

    *PPI 映像の方位表示方法を選
    択する。

    設定
    TM

    MENUキーを押すと終了します。

    27

    N-UP
    処理1

    で項目を選択し、

    ENTERキーを押して下さい。

    レーダエコーの相関処理方法を
    選択する。

    平行線/全周

    EBL2

    C-UP

    処理2



  • Page 44

    表示設定
    * 自 船の 位置 情報 (緯度 / 経
    度;L/L または時間差;TD)

    カーソルまたは目的地の位置
    情報のうち、画面に表示する
    ものを選択する。
    *目的地を PPI 画面上に表示す
    る。

    表示設定

    位置表示

    VRM またはカーソルで測定し
    た距離の単位を選択する。
    NM : 海里
    KY : キロヤード
    KM : キロメートル

    しない L/L
    カーソルのL/L
    目的地のL/L
    しない

    距離単位

    NM

    断続送信

    しない

    する

    目的地表示

    送信時間

    10

    準備時間

    3

    KY
    する

    20
    5

    KM

    30 回転

    10

    15 分

    節電のため、送信状態と準備状
    態を自動的に繰り返す。
    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。

    送信状態の時間を空中線の回転
    数で設定する。

    MENUキーを押すと終了します。

    準備状態の時間を設定する。

    28

    TD



  • Page 45

    セットアップ 1

    ブザー音量を設定する。
    数値が大きいほど音量高い。

    セットアップ1

    操作部パネルの照明を設定する。
    数値が大きいほど明るい。

    ブザー音量

    0

    1

    2

    3

    4

    5

    6

    7

    パネル照明

    0

    1

    2

    3

    4

    5

    6

    7

    送信パルス幅

    送信パルス幅を設定する。
    1.5NM、3NM および 6NM にお
    ける設定が可能。
    ・幅が狭いほど分解能が良い。
    ・幅が広いほど感度が良い。

    (1.5NM)

    0.08

    0.25 μs

    (3NM)

    0.25

    0.5 μs

    (6NM)

    0.5

    1.0 μs
    磁気方位

    ジャイロ方位

    方位基準

    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。

    採用する方位データを選択する。

    MENUキーを押すと終了します。

    セットアップ 2

    セットアップ2

    画面上の文字の言語を設定する。

    表示言語

    英語、日本語、
    中国語、フランス語、
    スペイン語、イタリア語
    ノルウェー語、ドイツ語
    韓国語から選択可能。

    クロスキーの

    ENGLISH

    日本語

    中文

    FRANCAIS

    ESPANYOL

    ITALIANO

    NORSK

    DEUTSCH

    で項目を選択し、

    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    29



  • Page 46

    装備時の設定 1
    このメニューは、 MENU スイッチと ENTER スイッチを同時に押すことにより現れます。
    受信機の各種調整をおこなう。
    (同調の粗調整を含む)
    PPI 画面上の映像の方位を合わ
    せる。

    装備時の設定1

    受信機調整

    次項
    1024

    方位調整

    PPI 画面上の映像の距離を合わ
    せる。

    128

    0マイル調整
    メインバング抑圧レベル

    128
    128

    メインバング抑圧範囲
    感度プリセット
    コンパレータプリセット

    メインバングの抑圧の強さを合
    わせる。

    128
    128
    128
    5m以下

    海面反射プリセット
    アンテナ高設定
    GPS設定

    次項

    装備時の設定2

    メインバングの抑圧範囲を合わ
    せる。

    次項

    クロスキーの

    で項目を選択し、

    ENTERキーを押して下さい。

    感度ツマミ右一杯(感度最大)の
    時の最大感度を調整する。
    通常、最大の 255 に設定する。

    MENUキーを押すと終了します。

    レーダ映像信号の A/D 時の基
    準レベルを調整する。
    海面反射抑制の強さを調整する。
    空中線までの高さを
    5m 以下/5-10m/10m 以上
    から選択する。
    この設定により海面反射抑制の
    特性を最適化する。

    装備時の設定2

    装備時の設定2

    外部 GPS と接続した場合、GPS
    への初期値を設定する。

    TD受信番号の設定



    しない する

    シミュレータ映像表示

    装備時の設定 2 を表示する。

    タイムディファレンシャル受信
    番号を設定する。
    デモンストレーション用の PPI
    画面を表示する。

    クロスキーの

    で項目を選択し、

    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    30





  • Page 47

    第3章
    3.1

    操作方法

    操作の流れ

    電源の投入と起動

    同調の操作

    観測と映像の調整

    データ取得と測定

    操作の終了と停止
    次に各基本操作について説明します。

    31



  • Page 48

    ソフトキーの操作
    ソフトキーを用いた基本操作は以下のとおりです。
    画面下に配置された 4 つのスイッチの中から、所定の機能に対応するスイッチを押してくだ
    さい。画面の下辺に項目が表示され、希望の項目に対応するスイッチを押すことで、所定の設
    定ができます。
    最上位の項目に戻すには MENU

    キーを押してください。

    X2


    12

    表示

    A

    カーソル
    目的地
    自船
    方位 340° N 35°15.01 346°
    距離 09.3 E139°47.05 4.96
    00:54
    速力
    10.2 0:29
    見張りアラーム
    処理

    ソフトキースイッチ

    32



  • Page 49

    3.1.1

    電源の投入と起動

    1. 電源を入れる
    電源を入れるには、STBY/OFF
    STBY/OFF

    スイッチを押してください。

    電源が入ると、
    画面にカウントダウンタイマーが表示され、1 分 30 秒後に準備状態となります。
    また、通電積算時間と送信積算時間が表示されます。保守を行う時期の目安としてください。
    なお、時間表示には多少の誤差があります。

    2. 送信する
    準備状態から送信するには、 X-MIT/OFF

    スイッチを押してください。

    なお、送信状態から準備状態に戻すには、 STBY/OFF

    3.1.2

    スイッチを押してください。

    同調の操作

    本レーダの同調操作には、手動で行う場合と、自動で行う場合があります。手動と自動の切り替
    えは、ソフトキー操作によって行います。自動同調の場合、画面左下の同調インジケータ右横に“A”
    が表示されます。

    (a) 同調モードの切り替え
    ソフトキー

    処理

    キー3 を押すたびに、
    手動同調

    を押す。
    自動同調



    手動同調

    が切り替わるので、手動の場合は

    となるようにキー3 を押す。

    (b) [同調]ツマミを回す
    手動同調の場合、操作パネルの[同調]ツマミを回転させ、映像が最も大きくなるように
    調節してください。同調インジケータは手動で同調をとるときの目安になりますので、イン
    ジケータの振れが最大となるように調節します。
    自動同調の場合は、
    [同調]ツマミを回す必要はありません。
    映像が出ない場合は、操作パネルの[感度]ツマミを右一杯に、
    [海面反射]ツマミおよび
    [雨雪反射]ツマミを左一杯に回して設定してみてください。

    33



  • Page 50

    3.1.3

    観測と映像の調整

    操作パネルの[同調]ツマミ(手動同調の場合)、
    [感度]ツマミ、
    [海面反射]ツマミおよび
    [雨雪反射]ツマミを調節して最適な映像を表示してください。
    RANGE

    スイッチの“▲(上側)”、
    “▼(下側)
    ”を押すことで、映像の観測距離範囲

    を切り替えることができます。
    現在選択されている距離範囲は、画面左下に表示されます(「2.2

    3.1.4

    画面表示の説明」参照)


    データの取得と測定

    それぞれの操作については、「3.3 基本操作」および「4 画面の見方」を参照してくださ
    い。

    3.1.5

    操作の終了と停止

    1. 送信を中断する
    (a) STBY/OFF

    スイッチを押す。

    送信が中断され、画面が準備状態となります。

    2. 電源を切る
    (a) X-MIT

    スイッチと STBY/OFF

    スイッチを同時に押す。

    レーダは停止状態となり、すべての機能は停止します。

    警告
    保守等の作業をするときは、電源を切り、整流器と指示機の電源コネクター
    を抜いて、電源供給を断ってください。
    電源スイッチを切っていても、各機械の内部には通電している部分があり、
    そのまま保守・点検作業をすると感電や故障、事故の原因になります。

    34



  • Page 51

    3.2

    観測準備

    3.2.1
    (a)

    画面輝度を変えるには
    BRIL/HL OFF

    スイッチを押す。

    スイッチを押すたびに、画面の輝度が一段階ずつ上がります。
    輝度が 8 段目(最大)になり、さらにスイッチを押すと画面の輝度が一段階ずつ下がります。
    電源投入時、輝度レベルは「7」に設定されます。

    3.2.2

    操作パネルの照明輝度を変えるには

    (a) メニュー「セットアップ1」-「パネル照明」でレベル「0」~「7」を選択する。
    選択する数値が大きいほど照明は明るくなります。

    (b)

    MENU

    スイッチを押す。

    メニュー設定を終了します。

    3.2.3

    表示言語を切り替えるには

    画面の表示言語を、和文・英文およびその他の言語(中国語、フランス語、スペイン語、
    イタリア語、ノルウェー語、ドイツ語、韓国語)に切り替えることができます。
    (a) メニュー「セットアップ 2」-「LANGUAGE」で希望の言語を選択する。
    (b)

    MENU

    スイッチを押す。

    メニュー設定を終了します。

    3.2.4

    ブザー音量設定

    (a) メニュー「セットアップ 1」―「ブザー音量」でレベル「0」~「7」を選択する。
    選択する数値が大きいほどブザー音量は大きくなります。

    (b)

    MENU

    スイッチを押す。

    メニュー設定を終了します。

    35



  • Page 52

    3.3

    基本操作

    3.3.1

    送信するには

    (a)

    X-MIT/OFF

    スイッチを押す。

    準備状態から送信状態になります。

    3.3.2
    (a)

    送信を中断するには
    STBY/OFF

    スイッチを押す。

    送信状態から準備状態になり、画面に“準備中”の表示が出ます。

    3.3.3
    (a)

    レンジ(距離範囲)を変更するには
    RANGE

    スイッチを押す。

    “▲(上側)”スイッチで距離範囲が拡大します。
    “▼(下側)”スイッチで距離範囲が縮小します。

    3.3.4

    固定距離目盛を消去・表示するには

    (a) ソフトキー

    表示

    押す。

    (b) ソフトキー3 を押して、消去する場合は
    固定距離環 接
    (c)

    MENU

    固定距離環 断

    とする。

    スイッチを押す。

    ソフトキーメニューが最上位に戻ります。

    36

    、表示する場合は



  • Page 53

    距離範囲
    距離目盛間隔

    3.3.5
    (a)

    船首輝線を消去するには
    BRIL/HL OFF

    スイッチを約 2 秒以上押し続ける。

    船首輝線は自船の船首方向を示しています。
    BRIL/HL OFF

    スイッチを押し続けている間は船首輝線が消え、スイッチ

    を離すと再び表示されます。

    船首輝線

    37



  • Page 54

    3.3.6

    同調調節をするには

    「3.1.2

    3.3.7

    同調の操作」を参照してください。

    感度調節をするには

    ご注意
    感度調整を常に最良の状態に調整して観測を行ってください。
    感度が低すぎると危険物や船舶等の物標が表示しないことがあります。
    感度が高すぎると PPI 画面上の受信機ノイズが増えて観測の妨げになることがあ
    ります。

    (a) [感度]ツマミを回転させる。
    ・ツマミを左に回すと感度は低く、右に回すと感度は高くなります。
    ・最良の感度調整とは一般的には、
    目標とする物標によるエコーの映像の大きさが最大で、
    かつ、他の物標によるエコーの映像に触れない程度のもの
    です。

    感度が低いため、エコーの

    感度がちょうど良い

    映像が小さい

    感度が高すぎるため、映像
    がふれあっている

    38



  • Page 55

    3.3.8

    レーダ干渉を除去するには

    ご注意
    干渉除去機能の使用時には船舶等の危険物による弱いエコー映像も消去されるこ
    とがあります。
    レーダビーコンや SART 信号を見るときは、干渉除去機能を停止してください。

    レーダ干渉とは、他のレーダから送信されたマイクロ波が直接自船のレーダ空中線に飛び
    込み、PPI 画面に映し出されたものです。
    (a) ソフトキー

    処理

    (b) ソフトキー2 を押して、
    (c)

    干渉除去1

    を押す。
    干渉除去1

    とする。

    で除去できない場合は、さらにソフトキー2 を押して、

    干渉除去2

    とする。
    干渉除去を行わない場合は、ソフトキー2 を押して、
    (d)

    MENU

    干渉除去 断

    スイッチを押す。

    ソフトキーメニューが最上位に戻ります。

    干渉除去作動

    干渉除去前

    干渉除去後

    レーダ干渉の例

    39

    とする。



  • Page 56

    3.3.9

    雨や雪が降っているときには

    注意
    雨雪反射抑制機能を過剰に設定しないでください。
    雨や雪のエコーだけでなく、船舶や危険物などの物標も抑制され、検出を妨
    げる原因となることがあります。
    雨雪反射抑制機能使用時は、常に最良の抑制設定を行ってください。
    雨や雪が降ると、雨や雪によるエコー(レインクラッタ)が PPI 画面に映し出され、船舶
    等によるエコーの映像が見にくくなります。
    [雨雪反射]ツマミ機能または[自動雨雪]機能を使用することにより、レインクラッタ
    が抑制され、物標の観測が容易になります。
    [自動雨雪]機能が作動中は[雨雪反射]ツマミ機能を使用することはできません。
    手動操作による雨雪反射抑制
    (a) [雨雪反射]ツマミを回転させる。
    ツマミを右に回転させるほど、強く雨雪反射抑制機能が働きます。
    自動操作による雨雪反射抑制
    (a) ソフトキー

    処理

    を押す。

    (b) ソフトキー1を押して、

    自動雨雪 接

    とする。

    映像の状態に応じて雨雪の抑制ができます。
    (c)

    MENU

    スイッチを押す。

    ソフトキーメニューが最上位に戻ります。

    レインクラッタが映し出されてい

    レインクラッタが抑制されている状態

    る状態

    (物標によるエコーの映像も抑制されて
    いる)

    40



  • Page 57

    3.3.10

    波が荒いときには

    注意
    近距離レンジにおいて、すべての海面反射を消すまで海面反射抑制機能を設
    定しないでください。
    波などからのエコーだけでなく、船舶や危険物などの物標も抑制され、検出
    を妨げる原因となることがあります。
    海面反射抑制機能使用時は常に最良の抑制設定を行ってください。
    波が荒くなると、波によるエコー(シークラッタ)が PPI 画面に映し出され、船舶等によ
    るエコーの映像が見にくくなります。シークラッタは近距離ほど強く現れます。
    [海面反射]ツマミの機能または[自動海面]機能を使用することにより、シークラッタ
    が抑制され、物標の観測が容易になります。
    手動操作による海面反射抑制
    (a) [海面反射]ツマミを右に回転させる。
    ツマミを右に回転させるほど、強く海面反射抑制機能が働きます。
    自動操作による海面反射抑制
    (a) ソフトキー

    処理

    を押す。

    (b) ソフトキー1を押して、

    自動海面 接

    とする。

    海面反射の強さに応じた海面反射抑制ができます。
    (c)

    MENU

    スイッチを押す。

    ソフトキーメニューが最上位に戻ります。

    波が荒いためシークラッタが映し

    シークラッタが抑制された状態

    出されている状態

    (物標によるエコーの映像も抑制されて
    いる。


    41



  • Page 58

    3.3.11

    物標までの距離を測るには

    物標までの距離を測るには、
    ・ VRM(可変距離目盛り)を使用する
    ・ VRM の中心を移動して使用する(移動 EBL)
    ・ 平行線カーソルを使用する
    ・ カーソルを使用する
    方法があります。
    1.VRM を使用する
    ・ VRM とは、PPI 画面上に表示される円です。
    ・ VRM は、その円の大きさをクロスキーの上側または下側で自由に変更することができ
    るので、任意の物標の距離を測ることができます。
    ・ 本レーダ装置では、同時に 2 本の VRM が表示可能です(#1VRM、#2VRM)
    ・ #1VRM/#2VRM の表示、選択、消去は

    VRM

    スイッチで行います。

    ・ #2VRM を使用可能とするか否かはメニュー設定で行います。
    ・ VRM には、次の状態があります。
    VRM が表示されていない。
    VRM が表示されている。
    クロスキーが VRM モードでない。
    クロスキーが VRM のモードである。
    使用する VRM(#1VRM または#2VRM)が選択されていない。
    使用する VRM(#1VRM または#2VRM)が選択されている。
    #1VRM を用いて自船からの距離を測定する
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL1/VRM1」―「固定」に設定する。
    #1VRM の数値は自船からの距離を示します。
    #2VRM の中心は常に自船位置に固定です。
    #2VRM を使用可能とするか否かを設定する
    (a) メニュー「機能設定」―「VRM2」行の「使用する」を選択する。
    #VRM2 が使用可能になります。
    「使用しない」を選択した場合#VRM2 を使用することはできません。
    #1VRM/
    #1VRM/#2VRM の操作
    (a)

    VRM

    スイッチを押す。

    VRM スイッチを押すたびにクロスキーで操作可能な VRM が#1VRM/#2VRM の
    間で切り替わります。
    現在操作可能な#1VRM/#2VRM は、画面左上の VRM 数値が破線で囲まれている
    42



  • Page 59

    側です。
    (b) クロスキーの左側または右側を押す。
    (a)で指定された VRM を操作することが可能です。
    ・クロスキーの下側で VRM の縮小ができます。
    ・クロスキーの上側で VRM の拡大ができます。
    #1VRM/
    #1VRM/#2VRM の消去
    (a)

    VRM

    スイッチを押す。

    ・#1VRM/#2VRM が共に表示されているとき
    VRM スイッチを押し、画面上に残したい#1VRM/#2VRM の数値部分を破線で
    囲みます。
    ・#1VRM/#2VRM の一方のみが画面上に表示されているとき
    VRM スイッチにより表示されている#1VRM/#2VRM を破線で囲みます。
    (b)

    VRM

    スイッチを長押しする。

    (a)での選択に応じた#1VRM/#2VRM が消去されます。
    2.VRM の中心を移動して使用する
    移動 EBL 機能の使用方法は、
    「3.3.14 EBL と VRM を移動して使用するには」
    を参照してください。

    3.平行線カーソルの間隔を変更する
    平行線カーソル機能の使用方法は、
    「3.3.15 平行線カーソルを使用するには」
    を参照してください。

    4.十字カーソルを使用する
    十字カーソルの使用方法は、
    「3.3.18 物標の方位・距離、物標までの所要時間を同時に測るには」
    を参照してください。

    43



  • Page 60

    3.3.12 距離の単位を変えるには
    本レーダ装置では、VRM および十字カーソルで測定した距離の単位を
    NM(ノーチカルマイル:海里)
    KM(キロメートル)
    KY(キロヤード)
    の中から選択できます。

    (a) メニュー「表示設定」―「距離単位」行の「NM」
    「KY」
    「KM」の中から選択する。

    (b)

    MENU

    スイッチを押す。

    メニュー設定を終了します。

    3.3.13 物標の方位を測るには
    物標の方位を測るには、
    ・ EBL(電子カーソル)を使用する
    ・ EBL を移動して使用する(移動 EBL)
    ・ 平行線カーソルを使用する
    ・ カーソルを使用する
    方法があります。
    EBL の方位表示には、
    ・ 相対方位表示

    :R

    ・ 真方位表示

    :T

    ・ 磁気方位表示

    :M

    の3つのモードがあります。
    方位表示についての詳細は、
    「3.3.16 EBL およびカーソルの方位表示を「相対」と「真」および「磁気」
    とで切り替えるには」
    を参照してください。

    44



  • Page 61

    1.EBL を使用する
    ・ EBL とは PPI 画面上に表示される直線です。
    ・ EBL は、その方位をクロスキー左側、右側で自由に変更することができるので、任意
    の物標の方位を測ることができます。
    ・ 本レーダ装置では、同時に2本の EBL が表示可能です。
    (#1EBL、#2EBL)
    ・ #1EBL/#2EBL の表示、選択、消去は

    EBL

    スイッチで行います。

    ・ #2EBL を使用可能とするか否かはメニュー設定で行います。
    ・ EBL には、次の状態があります。
    EBL が表示されていない。
    EBL が表示されている。
    クロスキーが EBL モードでない。
    クロスキーが EBL のモードである。
    使用する EBL(#1EBL または#2EBL)が選択されていない。
    使用する EBL(#1EBL または#2EBL)が選択されている。
    #1EBL を用いて自船を始点とした方位を測定する
    を用いて自船を始点とした方位を測定する
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL1/VRM1」―「固定」に設定する。
    #1EBL の数値は自船を始点とした方位を示します。
    #2EBL の始点は常に自船固定です。
    #2EBL を使用可能とするか否かを設定する
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL2」行の「使用する」を選択する。
    #2EBL が使用可能になります。
    「使用しない」を選択した場合#2EBL を使用することはできません。

    #1EBL/
    #1EBL/#2EBL の操作
    (a)

    EBL

    スイッチを押す。

    EBL スイッチを押すたびにクロスキーで操作可能な EBL が#1EBL/#2EBL の間で切
    り替わります。
    現在操作可能な#1EBL/#2EBL は画面左上の EBL 数値が破線で囲まれている側です。

    (b) クロスキーの左側または右側を押す。
    (a)で指定された EBL を操作することが可能です。
    ・クロスキーの左側で EBL の左回転ができます。
    ・クロスキーの右側で EBL の右回転ができます。

    45



  • Page 62

    #1EBL/
    #1EBL/#2EBL の消去
    (a)

    EBL

    スイッチを押す。

    ・#1EBL/#2EBL が共に表示されているとき
    EBL スイッチを押し、画面上に残したい#1EBL/#2EBL の数値部分を破線で囲
    みます。
    ・#1EBL/#2EBL の一方のみ画面上に表示されているとき
    EBL スイッチにより表示されている#1EBL/#2EBL を破線で囲みます。
    (b)

    EBL

    スイッチを長押しする。

    (a)での選択に応じた#1EBL/#2EBL が消去されます。

    2.EBL の中心を移動して使用する
    移動 EBL 機能の使用方法は、
    「3.3.14 EBL と VRM を移動して使用するには」
    を参照してください。

    3.平行線カーソルの方位を変更する
    平行線カーソル機能の使用方法は、
    「3.3.15 平行線カーソルを使用するには」
    を参照してください。

    4.十字カーソルを使用する
    十字カーソルの使用方法は、
    「3.3.18 物標の方位・距離、物標までの所要時間を同時に測るには」
    を参照してください。

    46



  • Page 63

    3.3.14

    EBL と VRM を移動して使用するには

    EBL と VRM を移動して使用するには、移動 EBL 機能を使用します。
    移動して使用できるのは#1EBL と#1VRM です。
    #1EBL および#1VRM
    および#1VRM を移動可能に設定する
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL1/VRM1」行―「移動」に設定する。
    #1EBL の始点および#1VRM 中心が移動可能になります。
    ただし、#1EBL の始点と#1VRM の中心位置は常に同じです。

    始点・中心位置の設定
    (a)

    EBL

    スイッチまたは

    VRM

    スイッチを押す。

    クロスキーが移動 EBL/移動 VRM モードとなります。
    マーカが表示されマーカの位置情報を画面右下に表示します。
    マーカの位置情報が表示されているのは始点・中心位置が決定されるまでです。

    (b) クロスキーを操作して、

    ENTER

    スイッチを押す。

    設定したマーカ位置が#1EBL の始点、#1VRM の中心位置として確定します。
    EBL、
    EBL、VRM の操作
    操作方法は通常の EBL、VRM と同様です。
    ・ 操作できるのは“始点・中心位置の設定”で EBL スイッチが押された場合は#1EBL
    のみの操作、VRM スイッチが押されていた場合は#1VRM の操作のみが可能になります。
    ・ 始点・中心位置の移動が可能なのは#1VRM/#1EBL です。操作する前に必ず#1EBL
    または#1VRM が選択してください。

    「3.3.11 物標までの距離を測るには」―「1.VRM を使用する」
    「3.3.13 物標の方位を測るには」―「1.EBL を使用する」
    を参照してください。

    始点・中心位置の解除
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL1/VRM1」行―「固定」に設定する。
    移動 EBL が解除され、始点・中心が自船位置固定になります。

    47



  • Page 64

    3.3.15

    平行線カーソルを使用するには

    #1EBL、
    #1EBL、#1VRM を平行線カーソル機能に設定する
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL1/VRM1」行―「平行線(半周)

    または「平行線(全周)
    」に設定する。
    「平行線(半周)
    」に設定した場合、平行線カーソルが半周表示されます。
    「平行線(全周)
    」に設定した場合、平行線カーソルが全周表示されます。

    平行線カーソルを操作する
    (a)

    EBL

    スイッチまたは

    VRM

    スイッチを押す。

    メニュー「機能設定」―「EBL1/VRM1」行の設定に応じて半周/全周の平行線カー
    ソルが表示されます。
    ただし、#1EBL、#1VRM がクロスキーで操作可能となるように設定してください。

    (b) クロスキーの上下左右を操作し平行線カーソルの方位、間隔を設定する。
    ・クロスキーの上側を押すと間隔が広がります。
    ・クロスキーの下側を押すと間隔が狭まります。
    ・クロスキーの左側を押すと左に回転します。
    ・クロスキーの右側を押すと右に回転します。

    平行線カーソルを解除する
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL1/VRM1」行の「固定」を選択する。
    平行線カーソルの表示が解除され、通常の#1EBL、#1VRM が使用可能になります。

    3.3.16 EBL およびカーソルの方位表示を「相対」と「真」および「磁気」とで切り
    替えるには
    EBL およびカーソルの方位表示には、
    ・相対方位表示:

    船首(船首線輝線)方位を 0°としたときの、EBL およびカーソ
    ルの向いている方位の表示

    ・真方位表示(注)


    真北(北極点)方向を 0°としたときの、EBL およびカーソルの
    向いている方位の表示

    ・磁気方位表示:

    磁気コンパスでの北を 0°としたときの、EBL およびカーソルの
    向いている方位の表示

    の 3 つの表示方法があります。
    (注) 「真方位」と、以下の「ジャイロ方位」、
    「ジャイロコンパス方位」とは同じ意味です。

    48



  • Page 65

    真方位表示および磁気方位表示をするには、指示機に方位情報の入力をする必要が
    あります。
    方位情報については「3.6.1

    方位情報を得るには」を参照してください。

    「R」
    :EBL 相対方位表示

    #1EBL の相対方位角
    #2EBL の相対方位角

    「T」
    :EBL 真方位表示

    #1EBL の真方位角
    #2EBL の真方位角

    「M」
    :EBL 磁気方位表示

    #1EBL の磁気方位角
    #2EBL の磁気方位角

    49



  • Page 66

    方位基準(磁気方位、ジャイロコンパス方位)の選択
    接続している機器が、
    マグネットコンパスのとき:「磁気方位」
    ジャイロコンパスのとき :
    「ジャイロ方位」
    を選択します。
    GPS や LORAN 等を接続しているときに下記の(a)を実行しても真方位表示モードに切
    り替わらない場合には、方位基準を他方に切り替えてください。
    (a) メニュー「セットアップ1」―「方位基準」行の「磁気方位」または「ジャイロ方
    位」を選択する。
    (b)

    MENU

    スイッチを押す。

    メニュー設定を終了します。
    方位基準の選択
    (a) メニュー「機能設定」―「EBL の読み」行の「相対」または「真」を選択する。

    「相対」を選択すると、船首(船首線輝線)方位を 0°としたときに EBL が向いて
    いる方位を表示します。

    「真」を選択すると、上記「方位基準」で選択した機器が検出した「北」を 0°とし
    たときに EBL が向いている方位を表示します。

    3.3.17 PPI 画面の方位表示方法を変えるには
    レーダ PPI 画面の表示方法には次の 3 種類があります。
    ・ 相対方位表示(ヘッドアップ表示)
    船首が PPI 画面の真上(方位目盛の 0°)となるように表示されます。
    船首方向が変化すると、PPI 画面上のエコーの映像の方位も変化します。
    ジャイロコンパス等の航法装置から方位情報が得られない場合は、この相対方位表示
    となります。

    船右回転
    PPI 映像が左回転をする。

    50



  • Page 67

    ・ 真方位表示(ノースアップ表示)
    「北」が PPI 画面の真北となるように表示されます。
    船の船首方向が変化しても、PPI 映像の方位は変化しません。
    (ジャイロコンパス等、方位情報が得られる機器が必要です。)

    船右回転
    船首輝線が右回転をする。

    ・ コースアップ表示
    BRIL/HL OFF

    スイッチを長押しして(コース設定)したときの船首方位

    が、常に PPI 画面の真上となるように表示されます。
    船の船首方向が変化しても PPI 画面上のエコーの映像の方位は変化せず、船首方向の
    変化分だけ船首輝線が回転します。
    針路を大きく変更したときには BRIL/HL OFF

    スイッチを長押ししてコ

    ースの再設定をします。
    (ジャイロコンパス等、方位情報が得られる機器が必要です。)

    船右回転
    船首輝線が右回転をする。

    BRIL
    HL OFF

    51



  • Page 68

    PPI 画面の方位表示方法を変えるには、航法装置から方位情報の入力が必要となり
    ます。
    方位表示については
    「3.6.1 方位情報を得るには」
    を参照してください。

    コースアップモードにおけるコースの設定
    (a)

    BRIL/HL OFF

    スイッチを長押しする。

    コースが PPI 画面真上に設定されます。

    3.3.18 物標の方位・距離、物標までの所要時間を同時に測るには
    カーソル機能を使用します。
    ここで使用されるカーソルは、PPI 画面上では「+」マークで表示されます。
    この機能を使用することにより、カーソル位置までの距離の他に、方位、カーソル位置まで
    の所要時間を知ることができます。
    所要時間を知るためには、航法装置による自船の速力情報の入力を必要とします。
    「3.6.2 速力情報を得るには」
    を参照してください。

    52



  • Page 69

    カーソルの表示
    (a) ソフトキー

    表示

    (b) ソフトキー4 を押して

    を押す。
    カーソル 接

    に設定する。

    画面右下に次のような情報が表示されます。

    クロスキーがカーソルモードの状態
    カーソル機能作動中
    船首方向からのカーソルまでの方位角
    自船位置からカーソルまでの距離
    自船位置からのカーソル位置へ航行した
    場合の所要時間

    ・速力情報が入力された場合の最大所要時間は「9:59」です。
    ・PPI 画面上にカーソルが現れ、クロスキーがカーソルモードになります。

    カーソルの移動
    (a) クロスキーを操作する。
    カーソルの移動をやめると、その位置の方位・距離、その位置までの所要時間が表
    示されます。

    カーソルの消去
    (a) ソフトキー

    表示

    (b) ソフトキー4 を押して

    を押す。
    カーソル 断

    に設定する。

    カーソルと方位、距離、所要時間が消去されます。

    53



  • Page 70

    3.3.19 カーソルの L/L 表示をするには
    この機能は航法装置による自船位置情報の入力を必要とします。
    自船位置情報については
    「3.6.3 位置情報を得るには」
    を参照してください。
    メニュー「セットアップ 1」―「方位基準」を「ジャイロ方位」に設定してくだ
    さい。
    「磁気方位」に設定した場合、航法装置から磁気方位の値をジャイロ方位に換算
    するための情報が入力されている場合は L/L を表示しますが、換算が不可能な場
    合は L/L 値に誤差が発生するため表示は行いません。

    3.3.20 PPI 画面のエコーの映像を大きく表示するには
    PPI 画面に映し出されているエコーの映像を大きくするには、次の方法があります。
    ・ 映像拡大機能を使用する。
    ・ 送信パルス幅を広く設定する。
    ・ ズーム機能を使用する。
    1.映像拡大機能を使用する
    映像拡大機能は、PPI のエコー映像を角度方向・距離方向に延ばします。

    ご注意
    映像拡大機能を使用すると、距離方向(前後)および角度方向で接近した2つの
    物標によるエコーが、1つの映像として PPI 画面に映しだされる場合があります。

    (a) ソフトキー

    表示

    (b) ソフトキー1を押して

    を押す。
    映像拡大 接

    54

    に設定する。



  • Page 71

    拡大前

    拡大後

    2.送信パルス幅を変更する
    1.5 海里、3 海里、6 海里レンジについて、送信パルス幅の変更ができます。
    広いパルス幅を選択すると、PPI 画面上のエコーの映像が距離方向に長く映し出されま
    す。逆に、狭いパルス幅を選択すると、映像が小さく(短く)映し出されます。
    映像拡大機能との違いは、パルス幅が広くなると、今まで映っていなかったエコーも映
    像として映るようになる場合があるという点です。

    ご注意
    広いパルス幅に切り替えると距離方向(前後)で接近した 2 つのエコーが 1 つの
    エコーとして PPI 画面に映し出される場合があります。

    (a) メニュー「セットアップ 1」―「送信パルス幅」-「(1.5NM)
    」、

    (3NM)」


    (6NM)
    」行からパルス幅を設定する。

    55



  • Page 72

    拡大前(パルス幅:狭)

    拡大後(パルス幅:広)

    3.ズーム機能を使用する
    ズーム機能で、PPI 画面上の任意の場所を2倍に拡大することができます。
    拡大する任意の場所は、マーカで指定します。

    z
    この機能は 0.125 海里レンジ使用時 真運動表示使用時 または 中心移動機能作
    動中は働きません。

    ズーム位置の設定
    (a) メニュー「機能設定」―「ズーム」行の「設定」を選択する。
    PPI 画面上にマーカ「+」が表示されます。

    (b) クロスキーでマーカをズームしたい場所に合わせる。

    z
    マーカは、観測レンジの 66%の位置まで移動することが可能です。

    (c)

    ENTER

    スイッチを押す。

    マーカ位置を中心に 2 倍に拡大されます。

    56



  • Page 73

    マーカで設定を行った位置

    ズームの解除
    (a) メニュー「機能設定」―「ズーム」行の「しない」を選択する。
    ズームが解除されます。

    3.3.21 不要なノイズを減少させ、物標を強調するには

    ご注意
    レーダビーコン、SART 信号およびレーダ画面上を高速で移動する物標を見る場
    合は、本機能は使用しないでください。
    この機能は TM モードでの使用が最適です。
    RM モードで使用する場合は N-UP または C-UP でご使用願います。H-UP で使用
    すると、映像ににじみが出る場合があります。

    映像処理を設定する
    (a) メニュー「機能設定」―「映像処理」行の「処理 1」または「処理 2」を選択する。
    ・処理 1:低速で移動している物標がある場合に使用します。
    比較的不安定な物標の映像が強調され、安定表示されます。
    海面反射のように不規則な信号を抑圧する効果があります。
    ただし、高速で移動している物標の映像は薄くなります。
    目安として、海里以のレンジで使用してください。
    ・処理 2:不安定な映像を「処理1」より更に安定させて表示させたい場合に使用してくだ

    さい。
    57



  • Page 74

    海面反射が特に多いときに有効です。
    目安として、3 海里以上のレンジで使用してください。
    映像処理を解除する
    (a) メニュー「機能設定」―「映像処理」行の「しない」を選択する。
    映像処理機能が解除されます。

    3.3.22 PPI 画面中心位置を移動するには
    PPI 画面の中心を移動(中心移動)することにより、任意方向の表示距離を長くすることがで
    きます。

    z
    この機能はズーム作動中

    または

    最大レンジ使用時には働きません。

    中心移動の位置設定
    (a) ソフトキー
    (b) キー2を押して

    表示

    を押す。

    中心移動 断

    から

    中心移動



    を選択する。

    PPI 上にマーカが表示されます。
    (c) クロスキーでマーカを PPI 画面の中心としたい場所に合わせる。

    z
    マーカは観測レンジの最大 66%の位置まで移動できます。

    (d)

    ENTER

    スイッチを押す。

    PPI 画面の中心が移動します。

    58



  • Page 75

    中心移動の解除
    (a) ソフトキー
    (b) キー2 を押して

    表示

    を押す。

    中心移動 接

    から

    中心移動 断

    を選択する。

    中心移動が解除されます。

    3.3.23 レーダの消費電力を抑えるには
    消費電力を抑えるためには断続送信機能を使用します。
    断続送信機能を使用すると、送信状態と準備状態が自動的に繰り返されます。
    送信時間の設定
    (a) メニュー「表示設定」―「送信時間」行の「10」
    「20」
    「30」のいずれかを選択する。
    送信時間は、空中線の回転数で指定します。
    準備時間の設定
    (b) メニュー「表示設定」―「準備時間」行の「3」
    「5」
    「10」
    「15」のいずれかを選択する。
    準備時間は、3,5,10,15 分のいずれかで指定します。
    断続送信の開始
    (c) メニュー「表示設定」―「断続送信」行の「する」を選択する。
    この時点で断続送信を開始します。
    (d)

    MENU

    スイッチを押す。

    メニュー設定を終了します。
    59



  • Page 76

    ① 指定した空中線の回転数だけ送信した後、指定した時間の準備状態に入ります。
    準備状態中はレーダのエコーは画面上から消え、送信開始までの残り時間を示すタイ
    マーが表示されます。
    ② 準備時間終了後、再び指定した空中線回転数分だけ送信を開始します。
    ③ 以上を繰り返します。

    警告
    断続送信で運転中は、空中線には絶対に近づかないでください。
    準備時間中には空中線は停止していますが、準備時間終了後、再び空中線が
    回転を再開し、人体を殴打し、負傷する原因となります。

    断続送信の解除
    (e) メニュー「表示設定」―「断続送信」行の「しない」を選択する。
    断続送信が解除されます。
    (f)

    MENU

    スイッチを押す。

    メニュー設定を終了します。
    準備中に断続送信を解除する
    (g)

    STBY

    スイッチを押す。

    断続送信が解除され、通常の準備状態になります。

    60



  • Page 77

    3.3.24 自船が航行中にレーダ PPI 画面上の固定物標を固定したいとき
    通常、自船が移動すると、PPI 映像が移動します。
    この表示方法を
    相対運動表示 : RM(Relative Motion)
    と呼びます。
    それに対し、PPI 映像のうち陸地などの固定物標によるエコーの映像は移動せずに、自船の位
    置(PPI の中心)が、自船の針路と速力に従って移動する表示方法を
    真運動表示

    : TM(True Motion)

    と呼びます。

    TM表示をする場合には、航法装置による方位情報と自船の航行速力の入力が必要
    となります。
    方位情報、速力情報については
    「3.6.1 方位情報を得るには」
    「3.6.2 速力情報を得るには」
    を参照してください。

    真運動表示の開始
    (a) メニュー「機能設定」―「TM/RM」行の「TM」を選択する。
    PPI 画面の運動表示が「真運動」となります。
    ・真運動表示(TM)で動作する方位表示は N-UP のみです。
    真運動表示モード:TM

    機能設定

    EBL1/VRM1

    固定

    始点移動

    平行線/半周 平行線/全周
    EBL2

    使用しない 使用する

    VRM2

    使用しない 使用する

    EBLの読み

    相対 真

    ズーム表示

    しない 設定

    TM/RM

    RM TM

    方位表示

    H-UP N-UP C-UP

    映像処理

    しない 処理1 処理2
    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    61



  • Page 78

    真運動表示の解除
    (a) メニュー「機能設定」―「TM/RM」行の「RM」を選択する。
    TM が解除され RM の N-UP となります。
    相対運動表示モード:RM

    機能設定

    EBL1/VRM1

    固定

    始点移動

    平行線/半周 平行線/全周
    EBL2

    使用しない 使用する

    VRM2

    使用しない 使用する

    EBLの読み

    相対 真

    ズーム表示

    しない 設定

    TM/RM

    RM

    方位表示

    H-UP N-UP C-UP

    映像処理

    TM

    しない 処理1 処理2
    クロスキーの
    で項目を選択し、
    ENTERキーを押して下さい。
    MENUキーを押すと終了します。

    62



  • Page 79

    ・ 次に相対運動表示(RM)を真運動表示(TM)に切り替えた場合の例をあげます。

    「TM」選択

    相対運動表示

    PPI の中心が半径の 66
    パーセントの位置まで
    移動する。

    PPI の中心が半径の 66 パーセントの位
    置まで移動すると、PPI の中心は、自動
    的にその対角上の半径の 66 パーセント
    の位置から再び移動を開始します。

    自船の移動に従って
    PPI の 中 心 が 移 動 す
    る。

    63



  • Page 80

    3.3.25 他船(物標)の動きを監視するとき
    他船(物標)の動きを監視するためには、次のいずれかの機能を使用します。
    ・ 航跡(ソフトキー設定)
    ・ 見張りアラーム(ソフトキー設定)
    1.レーダ航跡表示をする
    航跡の長さと方向から他船の動きが確認でき、衝突の回避に役立てることができます。
    航跡の長さは、およそ 15 秒、30 秒、1 分、3 分、6 分、15 分、30 分、連続の中から選
    択できます。
    レーダ航跡表示の開始
    (a) ソフトキー

    処理

    を押す。

    (b) キー4 を押して航跡時間を

    航跡表示 断

    以外に設定する。

    レーダ航跡表示を開始します。
    レーダ航跡表示の終了
    (a) ソフトキー

    処理

    を押す。

    (b) キー4 を押して航跡時間を

    航跡表示 断

    に設定する。

    航跡表示を終了します。

    2.見張りアラームを使用する
    見張りアラームを使用して、ガードゾーンを設定します。
    ガードゾーンとは、PPI 画面上に設定された「区域」のことです。
    この「区域」に物標が進入、または「区域」から離脱したときにアラームを鳴らすこと
    ができます。
    ガードゾーンへ物標が進入したときに鳴らすアラームモードを進入モードと呼びます。
    ガードゾーンから物標が離脱したときに鳴らすアラームモードを離脱モードと呼びます。
    ガードゾーンの設定
    (a) ソフトキー

    見張りアラーム

    を押す。

    PPI 画面上にマーカ「+」が現れ、マーカの距離と方位を示す点線の距離補助線と
    方位補助線を表示します。
    (b) キー1 の

    領域作成

    を押す。

    64



  • Page 81

    (c) クロスキーでマーカを移動する。
    設定するゾーンの始点にマーカを移動します。
    (d)

    ENTER

    スイッチを押します。

    ガードゾーンの始点を設定します。
    このとき点線の距離補助線と方位補助線は始点位置に固定されます。

    (e) クロスキーでマーカを移動する。
    設定するガードゾーン距離範囲にマーカを移動します。
    このとき新しい点線の距離補助線を表示します。

    (f)

    ENTER

    スイッチを押す。

    ガードゾーンの距離を設定します。
    このとき実線で距離範囲のリングが表示されます。
    (g) クロスキーでマーカを移動する。
    ガードゾーンが任意の形状になるようにマーカを移動します。
    扇が広がる(または閉じる)ように形状が変化します。

    (h)

    ENTER

    スイッチを押す。

    ガードゾーンの終点を設定し、終了します。

    設定中の
    ガードゾーン

    65



  • Page 82

    アラームモードの変更
    (a) ソフトキー

    見張りアラーム

    (b) キー4 を押して航跡時間を

    を押す。

    進入アラーム



    離脱アラーム

    を切り替える。

    設定されたアラームモードが動作します。
    ガードゾーンの終了
    (a) ソフトキー

    見張りアラーム

    (b) キー2 を押して

    アラーム 断

    を押す。
    に設定する。

    作成したガードゾーンが PPI 画面上から消え、見張りアラーム機能が終了します。
    ガードゾーンの呼び出し
    (a) ソフトキー

    見張りアラーム

    (b) キー2 を押して

    アラーム 接

    を押す。
    に設定する。

    前回作成されたガードゾーンを PPI 画面上に表示し、見張りアラーム機能が開始し
    ます。
    アラーム感度の変更
    (a) ソフトキー

    見張りアラーム

    を押す。

    (b) キー3 を繰り返し押してアラーム感度を設定する。
    アラーム感度「1」から「7」は、アラームを鳴らす映像のレベル(エコーの強度)
    を示しています。
    感度1

    が最もアラームが鳴りやすく、

    感度7

    くなっています。

    雑音等に反応し、アラームがなることもあります。

    66

    が最もアラームが鳴りにく



  • Page 83

    3.4

    その他便利な機能

    3.4.1

    自船速力を指示機に表示するには

    自船速力は、指示機に自船速力情報を入力すると、自動的に表示されます。

    自船速力

    この機能を使用するには、航法装置から指示機に
    自船速力情報
    の入力が必要です。
    「3.6.2 速力情報を得るには」
    を参照してください。

    3.4.2

    船首方位を指示機に表示するには

    船首方位は、指示機に方位情報を入力すると自動的に表示されます。
    この機能を使用するには、航法装置から指示機に
    方位情報
    の入力が必要です。
    「3.6.1 方位情報を得るには」
    を参照してください。
    本レーダ装置は、方位情報を指示機背面の
    ・EXT1(J3)コネクタの

    CMPS+、CMPS-

    ・GPS(J4)コネクタの

    NAVRX、NAVCOM 端子

    端子

    の 2 箇所から入力できます。

    入力端子表示

    67



  • Page 84

    M :EXT1(J3)コネクタの CMPS+、CMPS-
    L :GPS(J4)コネクタ

    NAVRX、NAVCOM

    端子から入力された方位情報
    端子から入力された方位情報

    方位情報を採用する際の優先順位は、下記のとおりです。

    CMPS+、CMPS-端子




    (優先度:高)

    NAVRX、NAVCOM 端子
    (優先度:低)

    3.4.3 自船の位置情報(緯度/経度、ロラン C 時間差)や目的地の位置情報
    (緯度/経度)を表示するには
    位置情報の表示
    (a) メニュー「表示設定」―「位置表示」行の「L/L」
    「TD」「カーソルの L/L」
    「目
    的地の L/L」のいずれかを選択する。
    緯度/経度(Latitude/Longitude)を表示する場合

    : 「L/L」

    ロラン C 時間差を表示する場合

    : 「TD」

    カーソルの L/L を表示する場合

    : 「カーソルの L/L」

    目的地の緯度/経度を表示する場合

    : 「目的地の L/L」

    を選択します。
    位置情報の消去
    (b) メニュー「表示設定」―「位置表示」行の[しない]を選択する。
    位置情報が消去されます。

    「L/L」を選択した場合、航法装置から自船位置情報(緯度/経度)の入力が必要
    です。
    「TD」を選択した場合、航法装置から自船位置情報(LORAN C 時間差)の入力
    が必要です。
    「カーソルの L/L」を選択した場合、航法装置から自船位置情報(緯度/経度)の
    入力が必要です。
    「目的地の L/L」を選択した場合、航法装置から目的地の位置情報(緯度/経度)
    の入力が必要です。
    詳しくは「3.6.3 位置情報を得るには」を参照してください。

    68



  • Page 85

    3.4.4

    目的地を表示するには

    この機能を使用するには、指示機に
    目的地の方位情報
    目的地までの距離情報
    自船速力情報
    の入力が必要です。
    「3.6.1 方位情報を得るには」
    「3.6.2 速力情報を得るには」
    「3.6.4 目的地までの距離情報を得るには」
    を参照してください。

    目的地の表示
    (a) メニュー「表示設定」―「目的地表示」行の「する」を選択する。
    ・目的地の方位、距離、所要時間(速力情報入力時)が表示されます。
    ・自船から目的地までは下記のマークで表示されます。


    「2.2

    : 目的地位置
    画面表示の説明」参照

    目的地の消去
    (a) メニュー「表示設定」―「目的地表示」行の「しない」を選択する。
    目的地マークと、目的地の方位、距離、所要時間が消去されます。

    69



  • Page 86

    3.5
    3.5.1

    知っておきたいこと
    電池(BT1)の交換
    設定情報を保持するため、定期的に電池(BT1)を交換する必要があります。
    (a) 電池(BT1)を交換する。
    (型名:CR2032-FT6-1、三洋電機)
    ・電池の交換は、最寄りの販売店に依頼してください。
    (b) 初期設定を再び行う。
    ・このリチウム電池によりメニュー、ソフトキーの設定内容の状態は電源を切っても保
    持され、次に使用するときには、最後に使用した状態から使用できます。
    ・電池が消耗すると、メニューを含む全ての状態が自動的にリセットされます。
    したがって電池交換後、初期設定が必要です。

    ご注意
    電池が消耗すると、距離と方位が正確でなくなることがあります。
    ただちに、電池交換および初期設定を行ってください。

    ・ もし、ただちに電池交換を行うことが困難である場合には応急措置として、電源を投
    入するたびに初期設定を行ってください。ただし、電源を切ると設定内容はリセット
    されます。

    初期設定については、

    「9.8 初期設定について」
    を参照してください。

    70



  • Page 87

    3.5.2

    使用中に不可解な現象が起きたとき

    レーダ使用中に
    画面が乱れる
    スイッチ操作を受け付けない。
    等の現象が起きたときは、次の手順により初期化をおこなってください。

    ご注意
    初期設定メニュー「装備時の設定1」
    、「装備時の設定2」以外は全てリセットさ
    れ、工場出荷時の状態に戻ります。

    (a)

    STBY/OFF



    X-MIT/OFF

    スイッチを同時に押す。

    電源が切れます。
    (b)

    MENU



    ENTER



    STBY/OFF

    押す。
    通常の電源投入時と同様に電源が投入されます。

    71

    スイッチを同時に



  • Page 88

    3.6

    外部航法装置について
    接続個所等については、
    「9.3.4 指示機背面図」
    を参照してください。

    本レーダ装置は指示機の背面に
    ・NMEA

    EXT1(J3)コネクタの CMPS+、CMPS- 端子
    GPS(J4)コネクタの NAVRX、NAVCOM 端子

    のバスを持っていますので、上記いずれかのバスを持つ外部機器を接続し、情報の受け渡し
    を行うことができます。

    3.6.1

    方位情報を得るには
    自船の船首方位の情報を得るには、指示機に
    ・マグネットコンパス
    ・GPS ジャイロ
    のいずれかを接続します。
    方位情報は、CMPS または NAVRX 端子から入力します。

    3.6.2

    速力情報を得るには
    自船が航行している速力の情報を得るためには指示機に、
    ・GPS
    ・LORAN C
    等の機器を接続します。
    速力情報は CMPS または NAVRX 端子から入力します。

    3.6.3

    位置情報を得るには
    緯度/経度で自船位置情を得るには指示機に
    ・GPS
    ・LORAN C
    等の機器を接続します。
    LORAN C の時間差で自船位置情報を得るためには指示機に
    ・LORAN C
    72



  • Page 89

    を接続します。
    目的地の L/L の情報を得るためには指示機に
    ・GPS
    ・LORAN C
    等の機器を接続した上で、それらの機器側で目的地設定を行います。
    位置情報は、CMPS または NAVRX 端子から入力します。

    3.6.4

    目的値までの距離情報を得るには
    目的地までの距離情報を得るには、指示機に
    ・GPS
    ・LORAN C
    等の機器を接続した上で、航法装置側にて設定した目的地を表示します。
    距離情報は、CMPS または NAVRX 端子から入力します。

    73



  • Page 90

    第4章
    4.1

    画面の見方

    物標の高さと物標までの距離

    レーダで観測できる物標までの最長距離は、そのレーダの送信出力、空中線ビーム幅、受信
    感度等の性能のほかに、物標の高さ、物標までの距離、レーダ空中線の高さなども、最大探知
    距離に影響を与えます。これは、レーダから発射される電波は地球の湾曲による影響をほとん
    ど受けずに直進するためです。

    a1=2.23√h1
    a2=2.23√h2
    a1 + a2=2.23 (√h1 + √h2 )
    a1, a2:単位[海里]
    h1, h2:単位[メートル]

    【探知距離と物標】
    例えば、空中線が水面から 3 メートルの高さにある場合、その位置から 10 海里の距離にあ
    る高さ 10 メートルの島によるエコーの映像は画面上に映し出されますが、同じ距離にある高
    さ 5 メートルの島は、レーダから発射された電波が当たらないため、エコーの映像は映し出
    されません。ただし、これらの値は理論値であり、気象条件等により一定ではありません。
    10 海里の距離にある物標は理論上 7.6 メートル以上の高さが必要で、それより低い物標は画
    面上に映し出されないことになるので注意が必要です。
    空中線あるいは物標の高さが低い場合、その物標は観測できない場合があります。

    映らない島

    10 海里

    h1[メートル]
    レーダ空中線の高さ

    a1 + a2[海里]
    探知距離

    74

    h2[メートル]
    物標の高さ



  • Page 91

    4.2

    物標からの反射

    物標からの反射の強さは物標の大きさだけでなく物標を構成している材料や形状にも関係し
    ていますので、大きな物標からの反射が強いとは限りません。特に海岸線では地形の条件に左
    右され、海岸がとてもなだらかな傾斜のときは内陸にある山等だけが映像として画面上に現れ
    ることもあるので、海岸線までの距離の測定には注意してください。
    なだらかな傾斜の陸地から返ってくるエコーは弱いため、このような陸地の観測
    はできない場合があります。

    4.3

    電波の伝搬路の状況
    電波の伝搬路上に大きな遮蔽物(山や雨雪等)があると、電波はそれらに遮られ
    てしまい、その背後の物標が観測できないことがあります。

    自船との間に島があるため映し出されない映像
    (船舶)
    自船との間に豪雨があるため映し
    出されない映像(島)

    75



  • Page 92

    4.3.1

    海面反射

    波立っている海面では画面の中心に明るく広がった映像が現れます。これは海面からの反射映
    像で、波の大きさ・範囲また風向きによっても映像の現れかたが変化します。

    4.3.2





    実在しない物標が画面上に映像として現れたり、実在する物標が映像として現れないことがあり
    ます。このような映像を偽像と呼びます。
    偽像は次のような原因によります。

    観測は、常に偽像の存在を念頭に置き、注意して行ってください。
    (a) 影
    空中線の設置場所によっては、近くにある煙突やマストで電波が反射して「影」ができ、
    その方向にある物標が PPI 画面上に映像として現れないことがあります。
    このような「影」があるかどうかは、海面反射映像を見てその映像に薄い部分か、あるい
    は映し出されない部分が有るかを調べることでわかります。もし、「影」が出るときはその
    方向をよく覚えておき、注意して物標を観測してください。
    (b) サイドエコー
    物標の映像と同一距離上に円弧状の破線の映像が現れることがあ
    ります。これは、空中線から輻射されるビームのサイドローブによる
    ものです。この偽像は物標が孤立しているときには、比較的判断しや
    すいでしょう。
    (c) 二次反射映像
    レーダ空中線から発射された電波
    が、船の煙突やマストなどに反射(二
    次反射)して方向が変わってしまい、
    実際には存在しない方向にも、物標
    があるかのように映し出されること
    があります。
    このときの二次反射による映像は、
    空中線からの電波を反射した煙突や
    マストの方向に現れます。

    76



  • Page 93

    (d) 多重反射像
    大きな垂直面をもった建造物や大形船があるときは、多重反射により複数の像が現れるこ
    とがあります。これらの像は等間隔に並んで現れ、その中で自船に最も近い像が物標が真の
    映像です。

    (e) レーダ干渉
    同じ周波数を使っている他のレーダが近くにあるとそのレーダによる干渉像が PPI 画面上に
    現れます。この干渉は多数の斑点となっていろいろな現れかたをしますが、同じ所には現れない
    ので物標の映像との識別は容易です。
    レーダ干渉の除去には、指示機操作パネルの

    【レーダ干渉の例】

    77

    スイッチを使用します。



  • Page 94

    4.4

    レーダトランスポンダ(SART)の画面表示

    SART は、GMDSS により承認された装置で、遭難事故が発生した場合に、生存者の位置を
    突き止めるために使われる人命維持装置です。SART は、9GHz の周波数帯で作動し、救命船
    や捜索飛行機のレーダにより発射された 9GHz のレーダ波を受信すると、捜索者に遭難位置を
    知らせるため、一連の応答信号を発生します。
    SART をレーダ画面に表示するために次の設定を行ってください
    ① 距離範囲(レンジ)

    : 6 海里または 12 海里

    ② 海面反射抑制(SEA)つまみ : 最小(左方向一杯に回す)


    自動海面反射抑制(AUTO SEA) : オフにする

    ④ 同調調整(TUNE)つまみ

    : 同調をはずす(クラッタ表示を弱くするため)

    ⑤ 干渉除去(IR)

    : オフにする

    ⑥ 映像処理(PROCESS)

    : オフにする

    【画面例】

    ご注意
    SART 信号を表示するために上記①~⑥の設定をした場合、自船の周囲の物標が
    レーダに写らなくなりますので、衝突防止と座礁防止のため目視による自船周囲
    の監視を十分に行ってください。
    また、複数のレーダを搭載している場合は、1 台の 9GHz 帯レーダで SART 信号
    の探知に用い、他のレーダは必ず衝突防止、自船周囲物標の監視、座礁防止およ
    び自船位置の確認をするために、通常のレーダとして使用してください。
    SART 信号探知終了後は、レーダを通常航海用に再調整する必要があります。

    78



  • Page 95

    第5章
    5.1

    保守・点検

    一般的保守

    警告
    お客様による内部の点検・修理は行わないでください。
    専門整備員以外による点検・修理は火災・感電の原因となります。
    内部の点検・修理は当社営業部またはお近くの支社・支店・営業所または当
    社代理店にご依頼ください。
    雨保守を行う際は、必ず主電源を切ってください。
    電源を切らないで行うと、感電の原因となります

    注意
    表面を清掃するときは、シンナーやベンジン等の有機溶剤を使用しないでく
    ださい。
    表面の塗装を痛める原因となります。
    表面の清掃はチリ、ゴミを取り除き、清潔な布で乾拭きするようにしてくだ
    さい。
    レーダを常に良好な状態で動作させるには次に述べるような保守が必要です。保守がよく行
    われていれば故障は少なくなりますので、できるだけ定期的にお手入れをすることをおすすめ
    します。
    各機器に共通の一般保守として、次の点があります。
    清掃
    筐体のほこり、汚れ、海水の付着などはできるだけ清掃します。清掃は乾いた布で行ってく
    ださい。特に、通気孔は空気の流通が良くなるようにハケなどでよく清掃してください。

    79



  • Page 96

    5.2

    空中線

    警告
    空中線を保守・点検する際は、必ず主電源を切ってください。
    急に輻射部が回転し人体に殴打して、負傷の原因となります。
    保守・点検で空中線に接近する場合は主電源を切ってください。
    至近距離で直接電波をあびると人体に影響を及ぼす原因となります。
    (1)輻射部
    輻射部の前面(輻射面)が煤煙、塩、塵埃塗料、鳥の糞等で汚損されると、電波の減衰、
    反射を起こして、レーダの性能が低下する原因となります。
    輻射部を点検し、汚損しているときは、アルコールまたは水を浸した柔らかい布で拭いて
    常に清浄に保ってください。
    また、ガソリン、ベンジン、トリクレン、ケトンなどの溶液は絶対に使用しないでくださ
    い。
    (2)取付脚
    空中線筐体の取付脚部および取付ボルトはときどき腐蝕状況を点検し、危険のないよう保
    守します。ペイントの塗布は最もよい腐蝕対策なので半年ごとに行うことをおすすめします。

    5.3

    指示機

    ブラウン管の清掃
    ブラウン管面に埃が付着すると透明度が悪くなり、映像が暗くなってしまいます。
    清掃は水で湿らせた柔らかい布(ネルまたは綿)で拭きます。乾いた布で強く拭いたり、ガ
    ソリン、シンナーなどは使用しないでください。

    注意
    ブラウン管の清掃は、乾いた布で強く拭いたり、ガソリン、シンナー等は使
    用しないでください。
    傷、変質の原因となることがあります。

    80



  • Page 97

    5.4

    特殊部品

    JMA-2343
    部品番号

    品名

    型名

    メーカ

    使用場所

    JRCコード

    新日本無線

    空中線

    5VMAA00049

    V201

    マグネトロン

    MSF1421B

    A101

    サーキュレータ

    H-6AJRD00001 東芝

    空中線

    6AJRD00001

    A102

    ダイオードリミッタ

    NJS6930

    新日本無線

    空中線

    5EZAA00024

    E301

    フロントエンド

    NJT1028

    新日本無線

    空中線

    5EZAA00039

    メーカ

    使用場所

    JRCコード

    新日本無線

    空中線

    5VMAA00068

    JMA-2344
    部品番号

    品名

    型名

    V201

    マグネトロン

    MSF1422B

    A101

    サーキュレータ

    H-6AJRD00001 東芝

    空中線

    6AJRD00001

    A102

    ダイオードリミッタ

    NJS6930

    新日本無線

    空中線

    5EZAA00024

    E301

    フロントエンド

    NJT1969

    新日本無線

    空中線

    5EZAA00037

    5.5

    修理ブロック

    NKE-249
    名称

    ユニット/回路型名

    変調回路

    CME-307

    受信機

    NRG-140

    備考

    NKE-250
    名称

    ユニット/回路型名

    備考

    変調回路

    CME-308

    受信機

    NRG-141

    モータ部

    CBP-153

    回転パルス発生回路付き

    モータブラシ

    BRXP05247

    2 個入り

    81



  • Page 98

    NCD-4170
    名称

    型名

    備考

    主制御回路

    CMC-1156

    電源回路

    CBD-1596

    主パネル回路

    CCK-873

    ソフトキーパネル回路

    CCK—872

    モニタ機内

    CKJ-159

    CRT+偏向コイル

    モニタ主制御回路

    CCN-366

    ソケット回路付き

    82



  • Page 99

    5.6

    異常・故障への対処方法

    半導体回路の場合、設計および検査上の不備あるいは外部的、人為的な原因による以外、半導
    体の不良あるいは性能の劣化はあまりないと考えられます。一般に比較的多い故障原因は、高抵
    抗器の湿気による断線、可変抵抗の不良、スイッチおよびリレーの接触不良などがあります。
    また、部品不良以外に調整不良(同調調整不良が多い)あるいは整備不良(ケーブル接触不良が
    多い)が故障の原因となっていることも少なくないので、これらの点を点検あるいは再調整する
    ことが有効です。次の表を参考にしてください。
    ヒューズの溶断には必ず原因があるので、単に交換したあと異常がなくても関連回路を調査する
    必要があります。ただし、ヒューズの溶断特性にはかなりばらつきがあることも考慮してくださ
    い。9.4 章に使用しているヒューズの一覧表を示します。
    No.
    1

    故障状況
    CRT に何もでない。

    考えられる原因
    a. 電源部(CBD-1596)の故障。
    b. ヒューズ F1 が溶断
    c. モニタの故障
    d. メインコントロール回路(CMC-1156)の故障
    e. 船内電源が下がっている。

    2

    空中線が回転しない

    a. ヒューズ F2 が溶断。
    b. モータ部(JMA-2343:CML-645 空中線機内の
    H-7BDRD0023、JMA-2344:CBP-153)の故障
    c. 空中線安全スイッチ(JMA-2344 のみ)の故障

    3

    空中線は回転するがレーダ a. 受信機の故障(JMA-2343:CAE-457、JMA-2344:
    映像が出てこない(文字やマ
    ーカは出ている。)

    CAE-457-1)
    b. メインコントロール回路(CMC-1156)の故障。送信ト
    リガ(TI)は?
    c. モータ部(JMA-2343:CML-645 空中線機内の
    H-7BDRD0023、JMA-2344:CBP-153)の故障

    4

    操作部スイッチを受け付け a. 電源再投入しても受け付けない場合は、メインコント
    ない。

    ロール回路(CMC-1156)の故障
    、ソフトキーパネル回路
    b. 主操作パネル回路(CCK-873)
    (CCK-872)の故障。
    c. 操作部との接続ケーブルの断線。

    83



  • Page 100

    No.
    5

    故障状況

    考えられる原因

    雑音はでるがレーダ映像が a. 変調器(JMA-2343:CME-307、JMA-2344:CME-308)
    でない。(文字やマーカは出 b. マグネトロンの不良
    ている。


    c. メインコントロール回路(CMC-1156)の故障。
    d. 同調電圧不良

    6

    レーダ映像は出るが文字や a. メインコントロール回路(CMC-1156)の故障
    マーカが出ない。

    7

    感度が悪い

    a. マグネトロンの劣化、不良
    b. 変調器(JMA-2343:CME-307、JMA-2344:CME-308)
    の故障、パルス幅切り替え不良?
    c. 受信機(JMA-2343:CAE-457、JMA-2344:CAE-457-1)、
    MIC の故障。
    d. 輻射部、機器間ケーブルの漏水。
    (輻射面の汚れ、氷雪の付着、機器間ケーブル内部の
    腐食)
    e. 同調電圧不良
    f.

    8

    パルス幅切り替え信号(PW)の切断

    画面がゆがんだり流れたり a. モニタの故障または調整不良。
    する。

    、垂直(VS)同期信号の断線。
    b. 水平(HS)
    c. CRT モニタ回路(CNN-366)の故障

    9

    固定距離マーカ、可変距離 a. 輝度調整が最低になっている。
    マーカ、電子カーソル、およ b. メインコントロール回路(CMC-1156)の故障。
    びパネル照明のスイッチを
    押しても画面に何も表示さ
    れない。

    10

    動作中に初期画面に戻って a. 船内電源が下がっている。
    しまう。

    b. メインコントロール回路(CMC-1156)の故障。
    c. 電源部の故障。

    11

    アラームが動作しない。

    a. メインコントロール回路(CMC-1156)の故障。

    12

    レーダ航跡が動作しない。

    a. メインコントロール回路の故障。
    b. 映像輝度が低くなっている。

    13

    真方位(ノースアップ)又はコ a. 方位センサからのデータが無い。(NMEA)
    ースアップ表示にならない。

    84



  • Page 101

    第6章

    アフターサービス

    ★修理を依頼されるときは
    “故障”かな?と思ったら 4、5、9 章をよくお読みのうえ、もう一度お調べください。
    それでも異常が認められる場合には使用を中止し、お買い上げの販売店または当社の営業部、
    お近くの支社、営業所にご相談ください。
    ●保証期間中の修理は取扱説明書・指示に従った正常な使用状態で故障した場合には、販売
    店または当社が無料修理いたします。誤使用、過失または天災・火災などの不可抗力によ
    って生じた故障については有料となります。
    ●保証期間を過ぎている場合は修理によって機能が回復可能な場合は、お客様のご要望によ
    り有料で修理をうけたまわります。
    ●連絡していただきたいこと
    ☆製品名・形名・製造年月日・製造番号
    ☆異常の状況(できるだけくわしく:86 頁 レーダ故障確認リスト参照、ご利用ください。

    ☆事業所または機関名、所在地、電話番号
    ★点検整備のおすすめ
    ご使用状態によって異なりますが、部品の経年変化等により性能が低下する場合があります。
    通常のお手入れとは別に、点検整備をおすすめします。
    点検整備は、お買い上げの販売店または当社の営業部、お近くの支社・支店・営業所にご相
    談ください。
    なお、この場合は有料となります。
    アフターサービスについてご不明な点は、お買い上げの販売店または当社の営業部、お近く
    の支社・支店・営業所へお問い合わせください。
    ☞「お問合せ先」 巻末の事業所一覧をご覧ください。

    85



  • Page 102

    レーダ故障確認リスト
    (お願い)お手数ですが修理ご注文の際、下記の項目についてご確認、ご記入の上注文先へ連
    絡お願いします。なお、ご記入に際し不明の項目がある場合は本船にお問い合わせ願い、できる
    限り正確に記入願います。
    Phone:

    船名:

    Fax:
    製造 No.:

    レーダ総合形名:JMA―
    (末尾まで正確にお願いします。)

    (1) 下記の確認項目について番号順に確認し、YES または NO のいずれか該当する側に○印を
    付けてください。
    いずれも該当しない場合は、末尾の(15)その他の内容にできるだけ具体的に記入してください。
    (2) 確認項目(1)~(4)のいずれかが NO の場合は、機器のヒューズを確認してください。
    (5.6 章 ,9.4 章を参照してください)
    (3) 確認項目(4)~(14)は、送信(TX)ON の状態で確認してください。
    *確認項目(13)~(14)はオプションの場合があり、付属していないときは記入不要です。

    番号



    認 項 目

    結果

    (1)

    電源は入る。(操作パネルの照明が点灯する。)

    YES

    NO

    (2)

    電源 ON して数分後にスタンバイ(準備中)になる。

    YES

    NO

    (3)

    電源 ON(または送信 ON)で CRT に何か表示する。(光る)

    YES

    NO

    YES

    NO

    (4)

    送信(X-MIT)ON にすると空中線は回転する。(以下の項目は全て送信
    ON で確認)

    (5)

    同調はとれる。(レンジ 6NM 以上でチェック)

    YES

    NO

    (6)

    固定マーカーは表示する。

    YES

    NO

    (7)

    VRM は表示する。

    YES

    NO

    YES

    NO

    物標の反射エコーは表示している。

    YES

    NO

    (10)

    反射エコーの感度は正確。

    YES

    NO

    (11)

    EBL は表示する。

    YES

    NO

    (12)

    カーソルマークは動く。

    YES

    NO

    *(13)

    スピードは正常に表示する。

    YES

    NO

    *(14)

    方位情報は設定でき、正常に表示する。

    YES

    NO

    (8)
    (9)

    SEA、RAIN 最小、GAIN 最大、IR-OFF、レンジ最大でホワイトノイズ
    は表示される。

    (15) その他の内容(エラーメッセージ等)

    86



  • Page 103

    第7章
    7.1

    廃棄について

    本装置の廃棄について

    本装置を廃棄するときは、廃棄する場所を管轄する地方自治体の条例または規則に従って処
    理してください。

    7.2

    使用済み電池の処理について

    警告
    +○
    - 端子部にテープを貼るなど
    使用済みのリチウム電池を廃棄するときは、○

    の絶縁処置をしてください。絶縁しないと電池がショートしたとき発熱・破
    裂・発火などの原因となります。
    本装置では、
    メインコントロール回路(CMC-1156)内 BT1(三洋電機:CR2032-FT6-1)
    にリチウム電池を使用しております。
    使用済みのリチウム電池はためずに、燃えないゴミとしてその都度廃棄してください。
    +○
    - 端子部にテープを貼るなどの絶縁処置をしてから廃棄し
    使用済みのリチウム電池は、○

    てください。
    なお、電池を分別している地方自治体ではその規則に従って処理してください。
    詳しくは、お買い上げの販売店、当社の代理店、営業所または各地方自治体にお問い合わ
    せください。

    7.3

    使用済みマグネトロンの処置について

    本装置の空中線には、マグネトロンが使用されています。
    マグネトロンを新しいものに交換した際、使用済みのマグネトロンは、当社の代理店また
    は営業所に返却してください。
    詳しくは、当社の代理店または営業所にお問い合わせください。

    87



  • Page 104

    第8章
    8.1

    仕様

    総合仕様

    (1) 指示方式

    ラスタスキャン,PPI 方式

    (2) 指示面

    10 インチ角型モノクロームブラウン管

    (3) 表示色

    グリーン

    (4) 距離範囲
    JMA-2343

    0.125,0.25,0.5,0.75,1.5,3,6,12,24,36,48 海里

    JMA-2344

    0.125,0.25,0.5,0.75,1.5,3,6,12,24,36,48,64 海里

    (5) 距離分解能

    25m 以内

    (6) 最小探知距離

    25m 以内

    (7) 方位確度

    ±1°以内

    (8) 方位分解能
    JMA-2343

    4.2°

    JMA-2344

    2.2°

    (9) 方位読取

    真/相対方位

    (10) 外囲条件
    ・ 温度

    空中線

    -15℃~+55℃

    指示機

    -15℃~+50℃
    40℃にて 93%以下

    ・ 相対湿度
    ・ 相対風速

    空中線

    36.0m/秒(70 ノット)

    (11) 消費電力
    ・ 直流入力時(12,24,32V)
    JMA-2343

    約 60W

    JMA-2344

    約 65W

    ・ 交流入力時(注)

    約 100VA
    (100/110/115/200/220/230V,50/60Hz 単相)

    (12) 電源入力変動範囲

    DC10.8V~DC42V

    (13) 予熱時間

    約 90 秒

    (14) 準備から作動まで

    3 秒以内

    (注)交流入力の場合はオプションの整流器(NBA-797A)が必要です。

    88



  • Page 105

    8.2

    空中線(NKE-249/250)

    (1) 外形寸法
    NKE-249
    ・ 直径

    620mm

    ・ 高さ

    275mm

    NKE-250
    ・ スイングサークル

    1220mm

    ・ 高さ

    432mm

    (2) 質量
    ・ NKE-249

    約 10.5kg

    ・ NKE-250

    約 24kg

    (3) 偏波面

    水平偏波

    (4) 指向特性
    NKE-249
    ・ 水平ビーム幅



    ・ 垂直ビーム幅

    25°

    ・ サイドローブレベル

    -21dB 以下(メインローブから±10°未満)

    NKE-250
    ・ 水平ビーム幅



    ・ 垂直ビーム幅

    30°

    ・ サイドローブレベル

    -23dB 以下(メインローブから±10°未満)
    -26dB 以下(メインローブから±10°以外)

    (5) 回転数
    ・ NKE-249/250
    (6) 送信周波数

    約 27 回転/分
    9410±30MHz

    (7) 尖頭出力
    NKE-249

    4kw

    NKE-250

    4.9kw

    (8) 送信管
    NKE-249

    マグネトロン:MSF1421B

    NKE-250

    マグネトロン:MSF1422B

    (9) 送信パルス幅
    NKE-249

    0.08μs /2250Hz(0.125,0.25,0.5,0.75,1.5 海里)
    0.25μs/1700Hz(1.5,3 海里)
    0.5μs/1200Hz(3,6 海里)
    1.0μs/650Hz(6,12,24,36,48 海里)

    89



  • Page 106

    NKE-250

    0.08μs/2250Hz(0.125,0.25,0.5,0.75,1.5 海里)
    0.25μs/1700Hz(1.5,3 海里)
    0.5μs/1200Hz(3,6 海里)
    1.0μs/650Hz(6,12,24,36,48,64 海里)

    (10) 変調回路方式

    固体化変調回路

    (11) 送受切替器

    サーキュレータ+ダイオードリミッタ

    (12) ミクサ

    MIC ミクサ

    (13) 中間周波増幅器
    ・ 中間周波数

    60MHz

    ・ 帯域幅

    20/6/3MHz

    ・ 特性

    対数特性

    (14) 総合雑音指数

    6dB 以下

    90



  • Page 107

    8.3

    指示機(NCD-4170)

    (1) 外形寸法
    ・ 幅

    278mm

    ・ 高さ

    242mm

    ・ 奥行き

    275mm

    (2) 構造

    卓上型

    (3) 質量

    約 9kg

    (4) 指示管

    10 インチ角型モノクロームブラウン管

    (5) 距離範囲、距離目盛および距離

    距離範囲(海里) 距離目盛間隔(海里) 距離目盛本数(本)

    JMA-2344 のみ
    (6) 距離目盛確度

    0.125

    0.0625

    2

    0.25

    0.125

    2

    0.5

    0.25

    2

    0.75

    0.5

    3

    1.5

    0.25

    6

    3

    0.5

    6

    6

    1

    6

    12

    2

    6

    24

    4

    6

    36

    6

    6

    48

    8

    6

    64

    16

    4

    使用距離範囲の±0.9%か±8m のどちらか大きい方
    以下。

    (7) VRM

    VRM1/VRM2
    JMA-2343

    0~48 海里、3 桁のディジタル数値表示

    JMA-2344

    0~64 海里、3 桁のディジタル数値表示

    (8) EBL

    EBL1/EBL2
    0°~359°、3 桁のディジタル数値表示

    (9) 同調方式

    手動/自動 切り替え可能

    (10) 方位目盛

    1°目盛、360°

    (11) 船首表示

    電子式

    (12) 海面反射抑制

    手動/自動 切り替え可能

    (13) 雨雪反射抑制

    手動/自動 切り替え可能

    (14) 航跡表示

    15 秒/30 秒/1 分/3 分/6 分/15 分/30 分/連続

    (15) 中心移動

    PPI 半径の 66%以内

    91



  • Page 108

    (16) 操作キー/ツマミ
    ・主パネル

    準備/断
    送信/断

    STBY
    OFF
    X-MIT
    OFF

    スイッチ
    スイッチ

    [ 同調 ]

    ツマミ

    [ 感度 ]

    ツマミ

    [ 海面反射 ] ツマミ
    [ 雨雪反射 ] ツマミ


    距離範囲

    RANGE

    スイッチ



    VRM

    VRM

    スイッチ

    EBL

    EBL

    スイッチ

    輝度/船首輝線

    BRIL
    HL OFF

    メニュー

    MENU

    スイッチ

    入力

    ENTER

    スイッチ

    クロスキー
    ・ソフトキーパネル
    (17) ソフトキー機能

    スイッチ

    スイッチ

    ソフトキースイッチ 4 個
    ・表示(映像拡大/中心移動/固定距離環/カーソル)
    ・処理(クラッタ抑制/同調方式/干渉除去/航跡)
    ・見張りアラーム(領域作成/設定/モード/感度)

    (18) メニュー
    ・機能設定

    EBL1/VRM2 モード設定(中心/移動/平行線)
    EBL2 設定
    VRM2 設定
    EBL の読み(真/相対)
    ズーム
    TM※/RM
    H-UP /N-UP※/C-UP※
    映像処理

    ・表示設定

    位置表示(自船/カーソル/目的地)※
    目的地表示※
    距離単位(NM/KY/KM)
    断続送信(送信時間/準備時間)

    92



  • Page 109

    ・セットアップ1

    ブザー音量
    パネル照明
    送信パルス幅(1.5NM/3NM/6NM)
    方位基準(磁気方位/ジャイロ方位)※
    指示機 2 台装備設定

    ・セットアップ2

    言語(日本語/英語/中国語/フランス語/スペイン語/
    イタリア語/ノルウェー語/ドイツ語/韓国語)

    (19) 外部入力

    GPS(NMEA0183)
    電子コンパスまたは GPS コンパス(NMEA0183)
    NMEA0183 バージョン:v1.5、v2.1、v2.3
    緯度・経度 : GGA、RMA 、RMC、GLL
    Waypoint

    : RMB、BWC

    速度

    : VTG、RMA、RMC、VHW

    コース

    : VTG、RMA、RMC

    船首方位

    : HDT、VHW、HDM、HDG

    VARIATION : HDG、RMA、RMC
    TD(ロランC時間差): GLC、GTD、RMA
    (20) 外部出力

    カーソルデータ(方位・距離)
    NMEA0183 RSD センテンス※※
    サブモニタ(水平・垂直同期信号/ビデオ信号)



    航法機器・方位センサー等の接続が必要です。

    ※※

    ENTER キー押下時にのみデータ出力

    93



  • Page 110

    8.4

    整流器(NBA-797)

    (1) 外形寸法
    ・幅

    270mm

    ・高さ

    430mm

    ・奥行き

    175mm

    (2) 構造

    掛型防敵構造

    (3) 質量

    約 18kg

    (4) 入力電圧

    交流 100/110/115/200/220/230V±15%
    50/60Hz,単相

    (5) 消費電力

    200VA

    (6) 出力

    直流 26V, 7A

    8.5

    機器間ケーブル長
    最大ケーブル長

    標準ケーブル長

    空中線~指示機

    20m

    15m(JMA-2343)/20m(JMA-2344)

    指示機~整流器

    (注)

    2m

    (注)指示機~整流器の電源ケーブル長に関しては、
    「9.5.3 長い電源ケーブルが必要なときのケーブル選定」を参照してください。

    ご注意
    空中線と指示機間の装備ケーブル長が 20m を超えることのないように各機器を設
    置してください。定められた長さを超えると、調整不良やシステム動作不良を起
    こす原因となることがあります。

    ・標準長ケーブルには、コネクタおよび端子がついています。

    94



  • Page 111

    第9章

    設置要領

    この章は、専門の工事従事者が行う設置工事のための設置要領書として記載したものです。

    警告
    専門の工事従事者以外は設置工事を行わないでください。
    専門の工事従事者以外による設置工事は装置の故障・性能不発揮をはじめ火
    災・感電・障害等の物的・人的事故の原因となります。

    9.1

    概要

    レーダ装置の正しい設置は、装置の性能を充分かつ安定に発揮させ、さらに保守、修理を容
    易にするために重要なことから、次に示す方法に従って注意して設置する必要があります。
    (a) 空中線は一般的にその質量を考慮した上で、できるだけ高い位置に設置してください。
    (b) 指示機は観測しやすいように、操舵室に設置してください。
    (c) 空中線と指示機間には 10m から 20m の内部シールド付きの複合ケーブルを使用します。
    最大許容長は 20m であり、これを超える長さは本レーダ装置の性能を損なう恐れがありま
    すので注意してください。

    95



  • Page 112

    9.2

    空中線の設置

    9.2.1

    設置位置の選定

    注意
    空中線は、船首尾線上で、同一平面上に大きな障害物が無い場所に設置して
    ください。
    空中線の同一平面上に大きな障害物があると、虚像の発生原因となることが
    あります。特に、虚像が船首尾線上に現れると観測が困難になり、危険予測
    が十分にできなくなる原因となることがあります。
    空中線を煙突近くやその出口付近に取り付けないでください。
    煤煙によるレーダの性能低下、加熱による故障等の原因となることがあります。
    空中線の近くに方向探知用アンテナ、VHF アンテナ等を設置しないでください。

    これらにレーダが雑音障害を与える恐れがあります。
    レーダ用ケーブルと、方向探知用アンテナ、VHF アンテナ等の引き込み線をで
    きるだけ離して配線してください。

    同じ束線にすることは絶対に避けてください。これらにレーダが雑音障害を
    与える恐れがあります。

    9.2.2

    設置方法

    (a) 操舵室の屋根に直接設置すると十分な設置高がとれないと判断される場合は、架台または
    レーダマストを設けてください。
    (b) 架台、レーダマスト共に空中線の装備、保守、調整、修理の際の作業者の便を考えて適当
    な足場を作る必要があります。

    96



  • Page 113

    (1)パワーボートに空中線を設置する際の注意事項
    一般的にパワーボートは高速走行時に、船首が上がるような姿勢になります。こ
    のため、停泊時にレーダの空中船を水平に設置した場合には、トリム(走行時の
    船首の仰角)が、垂直ビーム幅(θ)の 2 分の 1 以上になると、
    • 前方は、水面がビーム外にでてしまい、水面上の物標に当たる電波が弱くなり、
    この物標によるエコーは映像として映りにくくなります。
    逆に、
    • 後方は、水面に当たる電波が強くなるので、シークラッタが強くなります。し
    たがって、このようにトリムが垂直ビーム幅(θ)の 2 分の 1 以上になるよう
    な船舶の場合は、空中線を前方に傾斜させて設置することをおすすめします。

    レーダ空中線

    水平線
    ビーム幅θ

    【停泊または微速航行時】

    ビーム幅θ

    レーダ空中線
    水平線

    【高速航行時:ビームの下側が水平に近くなっている】

    97



  • Page 114

    (2)ヨットに空中線を設置する際の注意事項
    ヨットはある程度以上風が吹くと風下側にヒールして航行します。
    このときヒール角がビーム幅の 2 分の 1 以上になると、
    • 風上側では、水面がビーム外にでてしまい、物標に当たる電波が弱くなり、こ
    の物標によるエコーは映像として映りにくくなります。
    逆に、
    • 風下側では、水面に当たる電波が強くなるので、シークラッタが強くなります。
    したがって、ヒールが垂直ビーム幅(θ)の 2 分の 1 以上になるようなヨット
    の場合は、ヒール角に合わせて、空中線を左右に傾斜できるような取り付け台
    に設置することをおすすめします。

    ヒール角Φ
    ビーム幅θ


    レーダ空中線
    水平線

    98



  • Page 115

    9.2.3

    装備ケーブルの接続

    (1)レドーム型空中線(NKE-249)

    99



  • Page 116

    100



  • Page 117

    (2)回転型空中線(NKE-250)

    101



  • Page 118

    9.3

    指示機の設置

    9.3.1

    設置位置の選定

    ご注意
    指示機はマグネットコンパスから 1m 以上離して設置してください。
    設置位置が近いとマグネットコンパスへ影響を与える恐れがあります。
    指示機の設置位置は次の各項目を考慮して決定してください。
    (a)

    使用者が観測しやすいように設置します。

    (b)

    機器の設置後の保守を考慮して設置することをおすすめします。

    9.3.2
    (a)

    設置方法
    指示機外形寸法図を参考にして取り付け穴をあけ、指示機を設置してください。

    観測者が船首方向を向く〔ブラウン管面が船尾方向を向く〕ように設置すると観測しやす
    くなります。
    (b)

    9.3.3
    (a)

    できるだけ振動の少ない場所を選んで設置してください。

    電源ケーブルの接続
    電源ケーブルのコネクタを、指示機背面の J1(POWER) 電源ケーブルコネクタに接

    続してください。
    (b)

    空中線ケーブルのコネクタを、指示機背面の J2(SC UNIT)装備ケーブルコネクタに

    接続してください。

    指示機背面グランドターミナルと船体とは十分に太い線で接地してください。

    102



  • Page 119

    9.3.4

    指示機背面図
    ゴム栓
    オプション外部接続コネクタ

    GPS 用コネクタ(J3)

    (J5)取り付け

    EXT2

    外部接続用
    コネクタ(J4)

    GPS

    EXT1

    SC UNIT
    POWER
    F1

    ヒューズ(F1)


    F2

    ヒューズ(F2)

    アース端子

    電源コネクタ(J1)

    装備ケーブルコネクタ(J2)

    GPS 用コネクタ(J3)

    5

    1
    6

    2

    4

    3







    +12V
    GND
    NAVCOM
    NAVRX
    NAVTX










    DATA+
    カーソルデータ入力装置へ
    DATACMPS+
    電子コンパス/GPS コンパスへ
    CMPSSVD (映像信号)
    SHS (水平同期信号)
    サブモニタへ
    SVS (垂直同期信号)
    GND

    GPS または LORAN へ

    外部接続用コネクタ(J4)

    1
    2
    3

    7
    8
    4

    6
    5

    103



  • Page 120

    ※ J3 および J4 に接続するプラグ側コネクタは、下記のものをご使用ください。
    コネクタ

    9.3.5

    JRC コード

    型名

    J3 用

    LTWD-06BFFA-L180

    5JCDX00014

    J4 用

    LTWD-08BFFA-L180

    5JCDX00015

    外部ブザーの接続

    注意
    外部ブザーの接続作業は、サービスマン以外の方は行なわないでください。
    接続が正しくないと、故障、動作不良を起こす恐れがあります。

    コネクタ付きケーブル(7ZCRD0749)の 5 ピンコネクタ側を、指示機背面筐体のゴム栓を外
    して EXT2 に取り付けます。2 ピン側コネクタを指示機主制御回路(CMC-1156)の J5 に接続
    します。3 ピンコネクタは接続する必要はありません。
    EXT2 に接続するプラグ側コネクタには 5 ピンコネクタ(型名:LTWD-05BFFA-L180、JRC
    コード:5JCAS00030)を使用してください。
    外部接続用コネクタ J5(5 ピン)
    ゴム栓を外して取り付ける。

    主制御回路

    電源回路

    (CMC-1156)

    (CBD-1596)
    F1

    J5(2 ピン)

    F2

    2 ピンコネクタ

    104



  • Page 121

    EXT2 用コネクタ(J5)

    2
    3

    4

    ① EXTBUZ
    ② +12V




    外部ブザー制御へ

    外部ブザー接続例

    12V リレー

    LTWD-05BFFA-L180

    EXT2 へ

    +12V

    ブザー

    5

    1

    保護用ダイオード

    EXTBUZ

    部品例
    部品名

    メーカ

    型名

    JRC コード

    リレー

    高見沢

    LZ12H

    5KLAC00033

    ダイオード

    日立

    V06C

    5TXAE00016

    105



  • Page 122

    9.3.6

    電子磁気コンパスの接続方法

    ご注意
    船内電源、整流器の出力とパワーケーブルの接続は正しく行なってください。接
    続や電圧が正しくないと、故障を起こす恐れがあります。
    NMEA0183 出力端子が装備された電子磁気コンパスであれば、レーダ指示機に方位情報を入
    力することが可能です。(NMEA0183 出力端子を持たない電子磁気コンパスは接続できませ
    ん。

    (1) 電子磁気コンパスのデータケーブル(NMEA0183 出力)を、8 ピンコネクタにハンダ付
    けします。極性を下記に示しますので、注意して接続してください。
    8 ピンコネクタ(3 ピン)


    電子磁気コンパス・データ○

    8 ピンコネクタ(4 ピン)


    電子磁気コンパス・データ○

    8 ピンコネクタには、型名:LTWD-08BFFA-L180、JRC コード:5JCDX00015を使用し
    てください。
    8 ピンコネクタとデータケーブルの接続が正しくない場合、正しいデータが得ら
    れません。

    (2) 8 ピンコネクタを指示機背面の J4(EXT1)に接続します。
    EXT2

    GPS

    EXT1

    電子磁気コンパス
    SC UNIT
    POWER
    F1
    F2



    J4

    2

    1

    3

    レーダ指示機背面図

    7
    8
    4

    6

    データ -

    5

    データ +

    8 ピンコネクタ(黒)

    以上で、接続は完了いたしました。

    106



  • Page 123

    9.4

    船内電源に対する変更

    ご注意
    ヒューズの定格は適正なものを使用してください。正しくないものを使用した場
    合、装置が故障を起こす恐れがあります。

    船内電源に合わせて、下記のように変更してください。
    (製品出荷時には、24V 用のヒューズが入っています。


    1. 指示機
    ヒューズの定格
    F1

    F2

    定格

    JRC コード

    定格

    JRC コード

    DC12V

    6.3A

    5ZFAD00336

    10A

    5ZFAD00539

    DC24/32V

    3.15A

    5ZFAD00227

    5A

    5ZFAD00364

    船内電源

    2. 空中線
    空中線に変更箇所はありません。

    107



  • Page 124

    9.5

    装備ケーブル

    9.5.1

    機器間ケーブル(CFQ6774-10/15/20、CFQ6882-10/15/20)

    (a)

    本ケーブルは指示機~空中線間の接続に使用します。

    (b)

    本レーダ装置には下記のコネクタ付きケーブルを使用してください。

    ケーブル長

    JMA-2343 用 JRC コード JMA-2344 用 JRC コード 備考

    15m

    CFQ6774-15

    CFQ6882-15

    標準

    10m

    CFQ6774-10

    CFQ6882-10

    オプション

    20m

    CFQ6774-20

    CFQ6882-20

    色別

    素線数(本)/径[mm]

    シールド線(芯線)黒

    7/0.20

    信号名
    TI
    TIE

    シールド線(シールド)
    7/0.20

    同軸線(芯線)

    VD
    VDE

    同軸線(シールド)
    赤(太)

    50/0.18

    1A

    黄(太)

    50/0.18

    1A

    青(太)

    50/0.18

    2A

    紫(太)

    50/0.18

    2A

    緑(太)

    50/0.18

    1A

    桃(太)

    50/0.18

    1A

    灰(太)

    50/0.18

    2A

    茶(太)

    50/0.18

    2A

    橙(中太)

    34/0.18

    BP

    7/0.20

    BZ




    ツイスト

    7/0.20

    COM+



    ペア

    7/0.20

    COM-

    ※ケーブル外形 : 11.5±0.5mm

    108

    JMA-2344 のみ



  • Page 125

    9.5.2

    電源ケーブル(CFQ-6776)

    本レーダ装置にはコネクタ付きの 2m 電源ケーブルが付属しています。
    素線数/径

    断面積(mm2)

    極性



    50/0.18

    1.25





    50/0.18

    1.25







    ご注意
    船内電源もしくは、整流器と電源ケーブルの接続が正しくない場合、故障する場合が
    あります。

    9.5.3

    長い電源ケーブルが必要なときのケーブル選定
    指示機への入力電圧は船内電源電圧から電源ケーブルまでの電圧降下を差し引い
    たものです。
    したがって電源ケーブルが細すぎたり、長すぎたりすると電圧降下が大きく、レ
    ーダは充分な性能を発揮できないことがあります。電源ケーブルの選定は次のよ
    うに行うことをおすすめします。
    (a)船内電源の電圧(Vs)はその電圧変動率を考慮した値としてください。
    (b)次式で電圧降下(V)を計算します。
    V=2LRKI
    L:ケーブル長
    R:20℃における直流抵抗(Ω/m)
    K:導体抵抗温度計数(=1.22)
    I:最大尖頭電流(A)
    (c)各種ケーブル直流抵抗(R)および許容電流(I max)
    ケーブルの種類

    R(20℃)

    I max(45℃連続)

    CVVS2×1.25

    16.7 Ω.km

    13A

    CVVS2×2.0

    9.42 Ω/km

    19A

    CVVS2×3.5

    5.30 Ω/km

    26A

    ケーブルを選定する場合は Imax に充分な余裕をもってください。

    109



  • Page 126

    9.6

    設置後の点検調整

    9.6.1
    (a)

    設置の点検
    設置作業完了後、全ての作業が指示どおり適正に行われているかどうか点検する必要が

    あります。特にケーブル接続に誤りがないか、各機器の取り付け状態が確実であるか、空
    中線に水漏れが起きないか、ケーブルシールド編組の設置が正しく行われているかどうか
    を点検してください。

    9.6.2
    (a)

    動作の点検
    設置点検後、レーダの動作を点検する前に船内電源電圧が許容範囲にある事を確認して

    ください。
    (b)

    「3

    操作方法」をよく読み、その内容をよく理解して、レーダを作動させ異常がないこ

    とを確認した後、全ての操作箇所を操作して正常に作動するかどうかを点検してください。
    (c)

    動作点検が正常であっても再調整を要するときは、
    「9.7

    調整」をよく読みその指示ど

    おりに調整を行ってください。

    9.6.3

    各種調整

    (a)

    レーダの方位調整は必ず行わなければなりません。

    (b)

    同調させたときのツマミの位置が中央付近ではない、あるいは同調しないときには、初

    期設定メニュー内の「同調プリセット」にて同調の粗調整を行ってください。
    (c)

    レーダ PPI 画面上の距離と実際の距離がずれているときは、メニュー内の「0 マイル調

    整」にて、距離の調整を行ってください。
    (d)

    メニュー内の「ブザー音量」にて、アラームの音量を調整できます。

    (e)

    メニュー内の「海面反射プリセット」で STC の調整ができます。

    110



  • Page 127

    9.6.4

    整流器
    整流器は船内電源が AC100/110/115V と 200/220/230V に対して共通に使用でき
    ますが、下図に従って入力端子の接続変更が必要です。

    入力電圧によって接続を変える

    入力電圧によって接続を変える

    230V の時
    220V の時
    200V の時

    115V の時
    110V の時
    100V の時

    この接続は変更しない。

    この接続は変更しない。
    交流 100/110/115V のとき

    交流 200/220/230V のとき

    【NBA-797の入力端子接続変更】

    111



  • Page 128

    9.7

    調

    9.7.1



    一般調整

    1. 部品交換の調整
    ここでは主要部品を交換したときに必要になる調整を示します。
    (a)マグネトロン V101 交換のとき

    (2)同調プリセット

    (b)フロントエンド E101 交換のとき

    (2)同調プリセット

    (c)ブラウン管 V901 交換のとき*

    (3)中心位置の調整

    CRT モニタ PCB 交換のとき

    (4)輝度の調整
    (5)焦点の調整

    *:V901(CRT)を変換するときには、偏向コイルと対の状態で実施してください。
    なお、CRT モニタ機内部(CKJ-159)にて手配できます。
    2. CRT モニタ画面の中心位置の調整
    (a)

    この調整は偏向コイルの直後にあるセンタリングマグネット(永久磁石)で行います。

    この永久磁石は 2 枚のドーナッツ状の板からなります。
    (b)

    センタリングのツマミを回してブラウン管中心が、画面の中心に一致するように調整し

    ます。

    3. CRT モニタ画面の輝度の調整
    (a)

    メニューを使用し画面の輝度を最大にします。
    調整方法は、「3.2.1 画面輝度を変えるには」を参照してください。

    (b)

    CRT モニタ PCB の R451 を回し、映像のない部分にラスターがでない程度に調整して

    ください。
    (回路の応答速度が遅いのでゆっくり調整すること。)

    4. CRT モニタ画面の焦点の調整
    (a)

    焦点調整は距離目盛りと、映像が最も明瞭になるようにディスプレイ部ネック PCB 上の

    R951 を調整してください。

    112



  • Page 129

    9.7.2

    空中線の調整

    空中線には若干の調整箇所がありますが、これらはすべて工場にて充分に調整されているの
    で再調整する必要はありません。しかし点検あるいは故障修理のとき動作チェックの結果必要
    となれば、次に示すような調整を行ってください。

    警告
    高電圧注意
    変調部(CME-307 または CME-308)には約 4000V の高電圧が発生する箇所が
    ありますので、サービスマン以外の方は変調部の内部には絶対に触れないでく
    ださい。
    感電の原因となります。

    1. 変調部の AVR 出力電圧調整
    (a)

    レーダを送信状態のときに距離範囲を 12 海里にして変調部 CME-307 または CME-308

    の J203-14PIN と GND 間に電圧計を接続し、RV2 にて+8(V)になるように調整してく
    ださい。
    2. 受信部の同調指示レベルの調整
    (a)

    同調方式が自動になっているときは、手動にします。

    (b)

    距離範囲を 12 海里以上にして同調させます。

    9.7.3

    指示機の調整

    指示機には若干の調整箇所がありますが、これらはすべて工場にて充分に調整されているの
    で再調整する必要はありません。しかし点検あるいは故障修理のとき動作チェックの結果必要
    となれば、次に示すような調整を行ってください。
    1. コントラストの調整
    (a)

    画面輝度スイッチを押して、画面の輝度を最大にします。

    (b)

    CRT モニタ PCB の R451 を回し、映像のない部分(ラスター)がでない程度に調整し

    てください。(回路の応答速度が遅いのでゆっくり調整すること。


    2. 焦点の調整
    (a)

    焦点調整は距離目盛りの太さ、映像が最も明瞭になるようにディスプレイ部ネック PCB

    の R951 を調整してください。
    113



  • Page 130

    3. 画面位置角度調整
    (a)

    ブラウン管のネックについている偏向コイル部のロックネジをゆるめ全体を回すことに

    より、画面の角度を、又センタリングマグネットにより画面の位置を調整することができ
    ます。

    4. CRT ディスプレイ調整
    1.~3.以外の CRT モニタ部には次の調整箇所があります。
    (a)

    水平振幅調整

    CCN-366, L400

    (b)

    垂直振幅調整

    CCN-366, R353(V. SIZE)

    (c)

    コントラスト調整

    CCN-366, R451(CONT)

    (d) フォーカス調整

    CCN-366, R951

    警告
    高電圧注意
    CRT モニタ部(CCN-366)は約 10kV の高電圧を発生する箇所がありますので、
    サービスマン以外の方は指示機内部に絶対触れないでください。
    感電の原因となります。

    5. AVR 出力電圧調整
    (a)

    電源部 CBD-1596 の TP1+3.3V とシャーシの間に校正された電圧計(読みとり誤差を無

    くすため、デジタル表示が望ましい)を接続し、+3.3ADJ にて+3.3±0.02V になるように
    調整してください。

    ご注意
    調整は必ず、空中線を接続して行ってください。

    114



  • Page 131

    9.8

    初期設定について

    ここでは、レーダの初期設定の方法について述べます。初めてご使用になるときは、必ず初
    期設定を行ってください。
    初期設定には
    (a)装備時の設定 1
    • 同調プリセット
    • 方位調整
    • 0 マイル調整
    • メインバング抑圧レベル
    • メインバング抑圧範囲
    • 感度プリセット
    • コンパレータプリセット
    • 海面反射プリセット
    • アンテナ高設定
    • GPS 設定
    (b)装備時の設定 2
    • TD 受信番号の設定
    • シミュレータ映像表示
    があります。

    ご注意
    初めて使用する前に初期設定を行ってください。
    初期設定を行わないと、物標の表示、距離や方位の測定を正しく行うことができ
    ません。

    ここで使用する初期設定メニュー「装備時の設定 1」は
    ッチと

    MENU

    ENTER

    スイッチを同時に押すことにより表示されます。

    115

    スイ



  • Page 132

    9.8.1

    受信機の調整

    本調整は工場にて調整された状態で出荷されますので基本的に変更しないでくだ
    さい。
    不用意に変更されますと、同調ツマミを操作しても最適な同調がとれなくなりま
    す。

    1. 同調プリセット
    ここでは、同調の粗調整を行います。
    (a)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)”または“▼(下側)”を押し、レンジを 12

    海里にする。
    (b) ソフトキー

    処理

    (c) ソフトキー3 を押し、

    を押す。
    手動同調

    に設定する。

    同調方法が「手動」になります。

    (すでに手動同調となっている場合には、この操作は不要です。
    (d)

    MENU

    (e)

    X-MIT/OFF

    スイッチを押してソフトキーメニューを閉じる。

    スイッチを押して、10 分以上待つ。

    送信を開始します。
    約 10 分で、送信周波数が安定します。
    (f) [同調]つまみを中央位置まで回転させる。
    (g) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「受信機調整」―「同調プリセット」を選択
    する。
    (h)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)
    ”を操作して、PPI 映像

    が最も大きく映るように調整する。
    (i)

    ENTER

    スイッチを押す。

    調整を終了します。

    116



  • Page 133

    2. 中心周波数調整
    同調インジケータの振れが最大となるときに映像が最も大きくなるように調整します。
    (a) “1.同調プリセット”の(a)から(e)の操作をおこないます。
    (b) [同調]ツマミで映像が最も大きくなるように調整します。
    (c) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「受信機調整」―「中心周波数調整」を選択
    する。
    (d)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)
    ”を操作して、同調イ

    ンジケータの振れが最大となるように調整します。
    (e)

    ENTER

    スイッチを押す。

    調整を終了します。

    3. 同調インジケータレベル調整
    同調指示バーが最大に振れた時の目盛りを設定します。
    (a) “1.同調プリセット”の(a)から(e)の操作をおこないます。
    (b) [同調]ツマミで同調インジケータの振れが最も大きくなるように調整します。
    (c) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「受信機調整」―「同調インジケータレベル」
    を選択する。
    (d)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)”または“▼(下側)”を操作して、同調イン

    ジケータの振れが同調インジケータエリアの8割から9割になる様に調整します。
    (e)

    ENTER

    スイッチを押す。

    調整を終了します。

    117



  • Page 134

    9.8.2

    ノイズレベル調整

    PPI 画面上に表示されるエコーの基底レベルを調整します。

    ご注意
    本調整は工場にて調整された状態で出荷されますので基本的に変更しないでくだ
    さい。
    不用意に変更されますと、感度低下等の現象が発生し正常な映像が表示されなく
    なります。

    (a) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「コンパレータプリセット」を選択する。
    (b)

    RANGE

    スイッチ “▲(上側)”または“▼(下側)
    ”を操作して、ノイズレベル

    を調整する。
    (c)

    ENTER

    スイッチを押す。

    ノイズレベル調整を終了します。

    9.8.3

    方位調整

    これは、PPI 画面の方位を合わせるための調整です。
    (a) メニュー「機能設定」―「TM/RM」行―「RM」を選択する。
    すでに「RM」になっているときには、この操作は不要です。
    (b) メニュー「機能設定」―「方位表示」行―「H-UP」を選択する。
    すでに「H-UP」となっているときには、この操作は不要です。
    (c) 目標物を決める。
    目標物は 1~2 海里付近の映像の内、目視ができる移動していないものを用いてください。
    (d) 船のコンパスにより目標物の船首からの方位を測定する。
    例えば、停止している 25°の物標とします。
    (e) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「方位調整」を選択します。
    方位調整用の EBL が表示されます。
    #1EBL/#2EBL とは別の EBL です。

    118



  • Page 135

    (f) クロスキーを押し、EBL を目標物によるエコーの映像に合わせる。
    (g)

    ENTER

    スイッチを押す。

    (h) クロスキーで EBL を(d)で測定した目標物の方位に合わせる。
    PPI 映像も、EBL と共に回転します。
    (i)

    ENTER

    スイッチを押す。

    方位調整を終了します。

    9.8.4

    0 マイル調整(距離の初期設定)

    これは、PPI 画面上の距離を校正する作業です。
    (a) メニュー「機能設定」―「TM/RM」行―「RM」を選択する。
    すでに「RM」になっているときには、この操作は不要です。
    (b) メニュー「機能設定」―「方位表示」行―「H-UP」を選択する。
    すでに「H-UP」となっているときには、この操作は不要です。
    (c)

    RANGE

    スイッチ“▼(下側)”を押し、レンジを 0.125 海里にする。

    (d) 目標物を決める。
    PPI のエコーの映像で自船からの距離がわかっているものを目標物とします。
    ここでは、0.08 海里の固定物標を目標物として決定します。

    (e)

    VRM

    スイッチを押す。

    #1VRM/#2VRM を表示させる。
    #1VRM を使用する場合は「機能設定」-「EBL1/VRM1」行を「FIX」に設定してくだ
    さい。
    (f) クロスキー上下で VRM を目標物までの距離に合わせる。
    実際の目標物までの距離に合わせます。
    (g)

    ENTER

    スイッチを押す。

    (h) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「0 マイル調整」を選択する。
    (i)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)”または“▼(下側)
    ”を操作して、目標物の前衛を
    119



  • Page 136

    VRM の位置までの距離に合わせる。
    (j)

    ENTER

    スイッチを押す。

    0 マイル調整を終了します。

    参考:距離が判明している目標物がない場合
    もし、距離がわかっている目標物がない場合、次の方法で簡易的に 0 マイル調整を行うこと
    ができます。
    (A) (a)~(c)と同様
    (B) 岸壁、堤防など、長い直線の物標を目標物とする。
    (C) (h)と同様
    (D)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)
    ”を操作して、目標物が PPI

    画面上で直線になるように調整する。

    自船位置

    船首輝線

    距離が遠い
    (E)

    ENTER

    目標物

    距離がちょうど良い

    距離が近い

    スイッチを押す。

    0 マイル調整を終了します。

    9.8.5

    アンテナ高の設定

    海面からレーダのアンテナまでの高さを設定します。
    (a) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「アンテナ高の設定」を選択する。
    (b) 「5m 以下」
    「5―10m」
    「10m 以上」からレーダのアンテナまでの高さを選択する。

    120



  • Page 137

    9.8.6

    感度プリセット

    [感度]ツマミを回した時の最大感度レベルを設定します。
    本調整は不用意に変更しないでください。
    本調整を行う際は“9.8.2 ノイズレベル調整”を行ってください。
    (a) ソフトキー

    表示

    (b) ソフトキー1 を押して

    を押す。
    映像拡大 断

    に設定する。

    (c) [雨雪反射]ツマミを最小位置(左回り一杯)まで回す。
    (d) [海面反射]ツマミを最小位置(左回り一杯)まで回す。
    (e) [感度]ツマミを最大位置(右回り一杯)まで回す。
    PPI 画面上のエコーは最も強く表示された状態となります。
    (f) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「感度プリセット」を選択する。
    (g)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)”を操作して感度レベルを調整

    する。
    (h)

    ENTER

    スイッチを押す。

    感度の最大レベルが設定されます。

    9.8.7

    海面反射プリセット

    [海面反射]ツマミを回した時の抑制の最大レベルを設定します。
    本調整は不用意に変更しないでください。
    (a)

    RANGE

    スイッチ“▼(下側)”を押し、レンジを 0.125 海里にする。

    (b) [同調]ツマミで同調調整をする。
    (c) ソフトキー

    表示

    (d) ソフトキー1 を押して

    を押す。
    映像拡大 断

    に設定する。

    (e) [感度]ツマミを最大位置(右回り一杯)まで回す。
    121



  • Page 138

    (f) [雨雪反射]ツマミを最小位置(左回り一杯)まで回す。
    (g) [海面反射]ツマミを最大位置(右回り一杯)まで回す。
    PPI 画面上のエコーは「海面反射」の抑制を最大に行ったうえで最も強く表示されている状
    態となります。

    (h) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「海面反射プリセット」を選択する。
    (i)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)”を操作して抑圧のレベルを調

    整する。
    中心付近の PPI 映像が、わずかに出ている程度にします。
    (j)

    ENTER

    スイッチを押す。

    海面反射抑制の最大レベルが設定されます。

    9.8.8

    メインバングの抑圧

    本調整は通常レーダ画面中心に円形の映像として現れる、導波管等の立体回路からの反射信
    号であるメインバングを抑圧するためのものです。
    調整はメインバングの映像が画面に薄く残る程度が最適です。

    ご注意
    本調整は不用意に変更しないで下さい。誤った調整を行うと、至近距離の物標を
    消してしまう場合があります。

    (a)

    RANGE

    スイッチ“▼(下側)”を押し、レンジを 0.125 海里にする。

    (b) メニュー「機能設定」―「映像処理」行の「しない」を選択する。
    (c) ソフトキー

    表示

    を押す。

    (d) ソフトキー1 を押して

    映像拡大 断

    (e) ソフトキー

    を押す。

    処理

    (f) ソフトキー1 を押して

    自動処理 断

    に設定する。

    に設定する。
    122



  • Page 139

    (g) [感度]ツマミを最大位置(右回り一杯)まで回転する。
    (h) [海面反射]ツマミを中央位置まで回転する。
    (i) [雨雪反射]ツマミを最小位置(左回り一杯)まで回転する。
    (j) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「メインバング抑圧レベル」を選択する。
    (k)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)”を操作して抑圧のレベルを調

    整する。
    (l)

    ENTER

    スイッチを押す。

    メインバング抑圧レベルが確定します。
    (m) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「メインバング抑圧範囲」を選択する。
    (n)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)”を操作して抑圧の範囲を調整

    する。
    (o)

    ENTER

    スイッチを押す。

    メインバング抑圧範囲が確定します。

    9.8.9 シミュレータ映像表示
    本機能を有効にすることによってデモンストレーション用の画面を PPI 上に表示することが
    可能です。

    本機能の設定を有効にするには、一度電源を切る必要があります。
    (a)

    STBY/OFF

    スイッチを押す。

    スタンバイ画面になります。

    (b) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「装備時の設定 2」を選択する。
    (c) 初期設定メニュー「装備時の設定 2」―「シミュレータ映像表示」を「する」に設定する。

    123



  • Page 140

    9.8.10 TD 受信番号の設定
    受信する TD(LORAN C 時間差)の番号を選択します。
    (a) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「装備時の設定 2」を選択する。
    (b) 初期設定メニュー「装備時の設定 2」-「TD 受信番号」の数値部分にカーソルを移動させ
    る。
    (c) クロスキーの左右の操作により入力個所が移動します。
    (d)

    RANGE

    スイッチ“▲(上側)
    ”または“▼(下側)
    ”を操作して受信する TD の番

    号を選択します。
    各番号を選択した時、NMEA の以下のフィールドデータを表示します。
    1: GTD/GLC センテンスの“TD1”フィールド
    2: GTD/GLC センテンスの“TD2”フィールド
    3: GTD/GLC センテンスの“TD3”フィールド
    4: GTD/GLC センテンスの“TD4”フィールド
    5: GTD/GLC センテンスの“TD5”フィールド
    A: RMA センテンスの“A”フィールド
    B: RMA センテンスの“B”フィールド

    9.8.11

    GPS/DGPS

    1.GPS 初期設定
    GPS を初期設定します。GPS 受信機は、初期設定をしなくても測位しますが、装備後の受信
    に 10 分以上かかることがあります。
    ● 設定内容
    自船位置

    : おおよその緯度、経度で充分です。

    使用禁止衛星 : アンヘルスの衛星を使用しますと精度が劣化する事があります。入力
    した衛星番号は測位に使用されません。
    測地系

    : 日本は“02”です。

    アンテナ高

    : 海面からアンテナまでの高さを入力します。

    測位モード

    : 船舶の場合はアンテナ高が一定なため、2D(2 次元)の方が測位が安
    定します。

    DOP レベル

    : 精度のよい測位結果のみを使いたいときは、10 以下または 5 以下を指
    定します。
    124



  • Page 141

    位置の平均化 : 位置のふらつきを少なくしたい時には長くします。応答をよくしたい
    時には、無しにします。ただし、位置のふらつきが大きくなります。
    (a) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「GPS 設定」―「GPS」を選択する。
    GPS 設定メニューが開きます。
    (b) クロスキーによって項目を選択し、

    RANGE

    キーによって設定値を変更し

    ます。
    自船位置の“N/S”
    、“E/W”を変更するにはクロスキーの左右の操作によって設定
    します。
    (c)

    ENTER

    キーを押します。

    設定が確定します。
    (d) 「GPS」メニューの「設定値送信」を選択します。
    GPS に設定を行います。
    2.DGPS 初期設定
    DGPS で高精度測位を行いたい場合、ビーコン受信機の設定が必要です。
    ● 設定モード
    手動 : ビーコン受信機の周波数、ボーレートの設定をします。早く DGPS 受信がおこ
    なえますが、自船が設定したビーコン受信機の送信エリアにいないと受信でき
    ません。
    自動 : 自動的にビーコン送信局を探し受信します。ただし、探す時間がかかります。
    (a) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「GPS 設定」―「DGPS」を選択する。
    DGPS 設定メニューが開きます。
    (b) クロスキーによって項目を選択し、

    RANGE

    キーによって設定値を変更し

    ます。
    自船位置の“N/S”
    、“E/W”の変更も RANGE キーの上下の操作によって設定しま
    す。
    (c)

    ENTER

    キーを押します。

    設定が確定します。

    125



  • Page 142

    (d) 「DGPS」メニューの「設定値送信」を選択します。
    DGPS に設定を行います。
    3.GPS および DGPS の受信状態
    GPS 受信機および DGPS 受信機の受信状態を表示します。
    (a) 初期設定メニュー「装備時の設定 1」―「GPS 設定」―「受信状態」を選択する。
    GPS および DGPS の受信状態が表示されます。
    GPS の受信状態の表示は、JLR-4310 等のセンサー型受信機が接続されて正常に動作して
    いる時のみ以下の項目の状態が表示されます。
    ● 項目
    自船位置

    : 測位しますと自船の緯度、経度が表示されます。

    GPS 内蔵時刻 : GPS 受信機で計った世界時刻を表示します。
    高度

    : 自船の高度を表示します。ただし、測位モードが 2D(2 次元)の場合
    には初期設定で入力したアンテナ高が表示されます。

    DOP

    : 測位結果の精度を表示します。20 以上の場合には精度が悪くなってい
    ます。

    受信衛星

    : 現在測位に使用可能な衛星番号を表示します。

    方位角、仰角 : 受信衛星の方位角、仰角を表示します。
    信号強度

    : 受信している衛星の信号強度を表示します。20 以下では測位に使用で
    きない場合があります。

    ビーコン受信機が接続されて正常に動作している時のみ以下の項目が表示されます。
    ● 項目
    周波数

    : 現在受信しているビーコン局の周波数を表示します。

    ボーレート

    : 現在受信しているビーコン局のボーレートを表示します。

    RSSI

    : 現在受信しているビーコン局の受信強度を表示します。100 以下です
    と受信しない場合があります。

    126



  • Page 143

    測地系一覧表

    番号

    名称

    0

    WGS-84

    1

    WGS-72

    2

    Japan

    3

    North American 1927 (U.S)

    4

    North American 1927 (Canada & Alaska)

    5

    European 1950 (Europe)

    6

    Australian geodetic 1966 (Australia)

    7

    Ordance Survery of Great Britain (England)

    8

    NAD-83

    9

    - (no use)

    10

    - (no use)

    11

    ADINDAN (Etiopia & Sudan)

    12

    ARC 1950 (Botswana)

    13

    AUSTRALIAN GEODETIC 1984 (Australia)

    14

    BERMUDA 1957 (the Bermudas)

    15

    BOGOTA OBSERVATORY (Columbia)

    16

    CAMPO INCHAUSPE

    17

    CHATHAM 1971

    18

    CHUA ASTRO (Paraguay)

    19

    CORREGO ALEGRE (Brazil)

    番号

    名称

    20

    DJAKARTA (VATAVIA) (Sumata)

    21

    EUROPEAN 1979 (Europe)

    22

    GEODETIC DATUM 1949 (New Zealand)

    23

    GUAM 1963 (Guam)

    24

    HAYFORD 1910 (Finland)

    25

    HJORSEY 1955 (Ice land)

    26

    INDIAN (India & Nepal)

    27

    IRELAND

    28

    KERTAU 1948 (West Malaysia)

    29

    L.C.5 ASTRO (Cayman Black Island)

    30

    LIBERIA 1964 (Liberia)

    31

    LUZON (Philippines)

    32

    MERCHICH (Morocco)

    127



  • Page 144

    33

    MINNA (Cameroon)

    34

    NAHRWAN (Oman)

    35

    NAPARIMA, BWI (Trinidad and Tobago)

    36

    OLD EGYPTIAN (egypt)

    37

    OLD HAWAIIAN (the Hawaii Island)

    38

    PICO DE LAS NIEVES (the Canary Island)

    39

    PROVISIONAL SOUTH AMERICAN 1956 (South America)

    40

    PROVISIONAL SOUTH CHILEAN 1963 (Southern Chile)

    41

    PUETRO RICO (Puerto Rico and V irgin Island)

    42

    QORNOQ (South Greenland)

    43

    RT90 (Sweden)

    44

    SANTA BRAZ (Sao Maguel, Santa Maria Island)

    45

    SOUTH AMERICAN 1969 (South America)

    46

    SOUTHWEST BASE (Faial,Graciosa,Pico,Jorge and terceira Island)

    47

    TIMBALAI 1948 (Brunei and East Malaysia)

    128



  • Page 145

    9.9

    初期調整状態に戻すには

    レーダ使用中に
    画面が乱れる
    スイッチ操作を受け付けない
    等、の現象が起きたときは、次の手順で初期化を行ってください。

    ご注意
    初期化をおこなうと、初期設定メニュー「装備時の設定 1」および「装備時の設
    定 2」以外の設定は全てリセットされ、工場出荷時の状態に戻ります。

    (a)

    STBY/OFF



    X-MIT/OFF

    スイッチを同時に押す。

    電源が切れます。
    (b)

    MENU



    ENTER



    STBY/OFF

    通常の電源投入時と同様に電源が投入されます。

    129

    スイッチを同時に押す。



  • Page 146

    9.10 保
    9.10.1



    一般的保守

    レーダを常に良好な状態で作動させるには下記のような保守が必要ですので、できるだけ定
    期的に手入れをするようにしてください。保守をよく行うことにより故障は少なくなります。
    各機器に共通の一般的保守として次の点があります。
    1. 機器の清掃
    筐体のほこり、汚れ、海水の付着はできるだけ清掃してください。清掃は乾いた布で行っ
    てください。
    2. ネジの締め付け点検
    機器に使用している組立、部品取付ネジの締め付け状態を点検してください。

    3. 結線の点検
    機器間(空中線-指示機、指示機-電源、指示機-オプション機器)のケーブル結線を確認し
    て電気的に確実な接続がされているように点検してください。

    警告
    機器の手入れをするときは必ず主電源を切ってください。
    特に整流器を使用している場合は、指示機の電源を切り、レーダが停止してい
    る状態でも、整流器から電圧が出力されているので感電、故障の原因となります。

    130



  • Page 147

    9.10.2

    空中線

    警告
    空中線を保守点検するときは指示機の電源を必ず切った後、空中線についている
    安全スイッチを OFF にしてから行ってください。
    電源を切らないと感電、故障の原因となります。また回転する空中線に触れて負
    傷、故障の原因となります。

    注意
    変調部には強力な磁力を持つマグネトロンがあるので、時計や磁気カードを近
    づけないでください。それらの故障、データ破損の原因となることがあります。

    1. 輻射部
    (a) 輻射部の輻射面(JMA-2343 : レドームカバー全周面/JMA-2344 : 輻射部の前面)が煤
    煙、塵埃、あるいは塗料等によって汚損されると、電波の減衰、反射を起こし、レーダの
    性能が低下するので、ときどき点検し汚れているときはアルコールを浸した柔らかい布ま
    たは、湿った布で軽く拭いて常に清潔を保つようにしてください。

    注意
    シンナー、ガソリン、ベンジン、トリクレン、ケトン等の溶剤は絶対に使用しな
    いでください。変色、変質の原因となります。

    131



  • Page 148

    2.回転駆動部(JMA
    .回転駆動部(JMAJMA-2344)
    2344)
    (a) 歯車への給油
    各歯車の歯面へ、グリースをヘラまたは、ハケ等で均一に塗布してください。この給油
    は短時間ごとに行うほど歯車の摩耗を防ぎ長持ちをさせることができますが、最低半年ご
    とに給油する必要があります。
    グリースはモービル石油製「Mobilux 2」または同等品を使用してください。
    (b) 駆動モータ(JMA-2344)
    イ)減速機
    油もれのないかぎり給油は必要ありません。オーバーホール等で分解した場合は、
    エッソスタンダート製の「ビーコン 325」を補給してください。
    ロ)モータ
    ブラシ本体の寿命は 2000 時間です。交換の時期は全長の 1/2 まで摩耗したときで
    す。
    コミュテータは常に清浄に保つ必要があります。もし、カーボンの粉が固着し乾
    いた布で拭いても取れないときは 150~400 番のサンドペーパーで磨いてください。
    カーボンブラシはモータの下方両側にあるキャップをはずすと取り出せます。

    コミュテータとの接触面
    バネ





    カーボンブラシ

    カーボンブラシ





    54531-01

    JRC コード

    個数

    BRXP05247

    2

    (c) 取付脚
    空中線の取り付けボルトはときどき点検し、半年ごとにペイントを塗布すると腐食防止
    になります。

    132



  • Page 149

    9.10.3

    指示機

    表示面の清掃
    ブラウン管表示面はほこりが付着していると透明度が悪くなり、映像が暗くなっ
    てしまいます。清掃は柔らかい布(ネルまたは綿)で軽く拭いてください。帯電
    防止剤を湿らせた布で拭いても問題ありませんが、きつくこすらないでください。

    133



  • Page 150

    134



  • Page 151

    JMA- 2343
    2344
    INSTRUCTION MANUAL
    [English edition]



  • Page 152

    Contents
    PREFACE ······························································································································I
    Before Operation··················································································································III
    Cautions to be used during operation·················································································· V
    PRECAUTIONS BEFORE OPERATION·········································································· VII
    Cautions for high voltage································································································ VII
    What to do in case of electric shock ·············································································· VII
    FIRST AID TREATMENTS································································································· IX
    ☆First-aid treatments······································································································ IX
    ☆When pulse is beating but breathing has stopped······················································ XI
    ☆When both pulse and breathing have stopped ························································· XIII
    EQUIPMENT APPEARANCE ··························································································XIV
    Glossary of Radar Terms································································································· 144

    Chapter 1 Introduction ······························································· 145
    1.1 Function ·········································································································································145
    1.2 Features·········································································································································145
    1.3 Composition···································································································································146
    1.4 Configuration··································································································································147
    1.5 General System Diagram ·············································································································150

    Chapter 2 Names and Functions of Control Panel Parts
    and Menu Composition ············································ 152
    2.1 Functions of the Front Control Panel Keys··················································································152
    2.1.1

    Functions of the front control panel keys ·············································································152

    2.1.2

    Composition and functions of the soft key switches····························································153

    2.1.3

    Functions of the cross key ····································································································154

    2.2 Explanation of Screen Readout····································································································156
    2.3 Explanation of Functions within the Menu ···················································································158
    2.3.1

    Menu Composition ···································································································&